ジャパンマテリアル株式会社

ニュースリリース

1枚で最大9面出力に対応・デジタルサイネージ用途に最適なグラフィックボード「Matrox C900」を12/1(木)より発売

カナダMatrox社開発の最新グラフィックボード「Matrox C900」を12/1(木)より販売開始しました。

 

本製品は、デジタルサイネージ用途向けに開発されており、
1枚で最大9面の出力に対応しています。
さらに、2枚組み合わせて最大18面出力も可能です。

 

<製品特長>

❑シングルスロットで9面出力可能

 

❑マルチモニターで伸張表示とクローン表示が可能

 

❑3Dグラフィックに対応した高いパフォーマンス

 

❑省電力対応(消費電力75W)

 

❑2枚のボードをフレームロックにより同期して最大18面出力が可能

 

○発売日:12/1(木)

○価格:オープン

○型番:C900/4GBPEX16

Matrox-C900-Graphics-Card-3x3-Video-Wall-Portrait-Digital-Signage-Retail

一台で理想的なレクチャーキャプチャーを実現するH.264エンコーダー「Matrox Monarch LCS」を12/1(木)より発売

カナダMatrox社開発のH.264エンコーダー「Matrox Monarch LCS」を12/1(木)に発売します。

 

本製品は、文教向けに開発されたH.264エンコーダーです。SDIまたはHDMIカメラ映像とプレゼンテーション資料を同時に取り込み、合成して簡単に録画・ストリーミング配信できます。

簡単な設定により一台で理想的なレクチャーキャプチャーを実現するコストパフォーマンスの高いデバイスです。

 

<製品特長>

❑一台でプレゼンテーターの映像・音声とプレゼンテーション資料を合成して配信・録画

 

❑ピクチャー・イン・ピクチャーやサイド・バイ・サイドなど多彩なレイアウトに対応

 

❑入力映像を変更したい場合は、本体のスイッチボタンで簡単に切り替え可能

 

❑視聴者側でもレイアウトの選択が可能

 

❑タブレット端末で簡単にコントロール

 

○発売日:12/1(木)

○価格:オープン

○型番:MLCS/J

Monarch_for_top

サイネージプレーヤー「BrightSign」の新しい4つのシリーズを11月上旬より発売予定

サイネージプレーヤー「BrightSign」にデジタルサイネージソリューションをリードする最先端テクノロジーを搭載した新しい4つのシリーズが登場。弊社より11月上旬より販売開始予定です。

 

<新シリーズラインナップ>

最上位モデル「BrightSign XT3シリーズ」(4K対応)

シリーズ史上最高速の4Kビデオエンジン・HTML/グラフィックスエンジン搭載

 

ハイエンドモデル「BrightSign XD3シリーズ」(4K対応)

4K 60p、CEA HDR10、HDMI 2.0aをサポートする強力な4Kビデオエンジン搭載

 

スタンダードモデル「BrightSign HD3シリーズ」

高い信頼性と汎用性が求められるフルHD・HTML5サイネージの構築に最適。

 

エントリーモデル「BrightSign LSシリーズ」

多彩な基本機能でシンプルなサイネージをローコストで導入可能。

 

下記の現行モデルは、在庫限りで販売終了となります。

BrightSign 4Kシリーズ

(型番:BS/4K1142、BS/4K1042、BS/4K242)

BrightSign XD2シリーズ

(型番:BS/XD1132、BS/XD1032、BS/XD232)

BrightSign HD2シリーズ

(型番:BS/HD1022、BS/HD222)

BrightSign LS2シリーズ

(型番:BS/LS422、BS/LS322)

 

<新シリーズに追加された主な機能>

H.265デコーディング機能で低ビットレートでも高画質を実現

BrightBeacon搭載によりスマホとサイネージの連動が可能

B-Deploy機能で10~1000台のプレーヤーを一度に設定

モザイクモード機能で一つのディスプレイ上で独立した複数のビデオの再生を同期

タグ付け機能でメディアファイルとプレーヤーをタグ付けしてプレイリストを効率よく管理

リモートビュー機能によりBrightAuthor上でプレーヤーが再生するプレゼンテーションを確認

BrightSignnewseries

HDMI 2.0a 対応 映像・音声アナライザー/ジェネレーターを9/26(月)より発売

弊社にて新しく取り扱いを開始いたします、米国Murideo社開発の新製品 18Gbps対応アナライザー「Fresco(フレスコ) SIX-A」およびジェネレーター「Fresco(フレスコ) SIX-G」を販売開始します。

 

本製品は、HDMI端子を搭載するテレビ・プロジェクター・プレイヤー・STBなどのメーカーやAVシステムインタグレーター向けの検査機です。

 

Fresco SIX-G(ジェネレーター)

・HDMI端子搭載TV・プロジェクター用ポータブル検査機

・4K/60p(4:4:4)18Gbps、HDCP1.4/HDCP2.2、HDR、BT.2020に対応

・80種類超の静止画、動画パターン内蔵

・ISF認証取得

 

Fresco SIX-A(アナライザー)

・HDMI端子搭載プレーヤー・STB用ポータブル検査機

・最大4K/60p(4:4:4)18Gbps、HDCP1.4/HDCP2.2/HDCPなし、HDR、DID分析が可能

・ISF認証取得

tester2

最長100m 4K/60pフルスペック光HDMIケーブル他 新製品5種15品番を6/23(木)より発売

4K/60p フルスペック光ケーブルをはじめ各種ケーブルやコンバーター計5種、15品番を本日6/23より販売開始します。

 

弊社の主力製品であるMatrox社製グラフィックス製品やBrighSign社製サイネージプレーヤーとの親和性の高いこれらのケーブルをラインナップすることで、表示機器のトータルソリューションを目指します。

 

4Kフルスペック光HDMIケーブル

(HAM/AOCシリーズ)

・3840×2160@60p(4:4:4)の4Kフルスペックで18Gbps高速伝送に対応

・長さ15m/30m/50m/100mをラインナップ

 

脱着式 光HDMIケーブル(HAM/DAOシリーズ)

・コネクター先端部の脱着式により、配線時の利便性が向上

・長さ10m/15m/20m/30m/40m/50mをラインナップ

 

DisplayPortケーブル(DPMシリーズ)

・DisplayPort1.2aコンプライアンステスト認証済み

・長さ2m/5m/7mをラインナップ

 

ローテーター(5入力2出力)

(GeoBoxシリーズ G-202 [ 型番:G-202 ] )

・オリジナル映像の回転、反転表示に対応

・4点、幾何学などの多彩な補正機能を搭載

 

HDMI to CV/SVコンバーター

(Digitogo CVシリーズ [ 型番:CV-HCS103A ] )

・HDMI信号をコンポジット・Sビデオ信号に変換

・コンポジットビデオ、Sビデオ、HDMIの同時3出力に対応


 

HAMA0C030M_sentan_white

サイネージ・ビーコン・スマートフォンを連携させた情報提供システム「Smart Link Signage スマリサ」を発表

米国BrightSign社開発のデジタルサイネージプレーヤー「BrightSign」によるデジタルサイネージと、ビーコンおよびスマートフォンを連携されることにより実現した新しい情報提供システム「Smart Link Signage スマリサ」を発表します。

 

デジタルサイネージの新しいカタチ

スマリサは、”Smart Link Signage”の略で、スマートフォンとデジタルサイネージの連動を可能にすることで、今までになかった新しいサービスを提供する高機能なデジタルサイネージシステムです。スマートフォンアプリとBrightSignおよび通信機器から構成します。

 

スマリサの機能

・プッシュ通知機能

・ログデータ収集機能

・サイネージ画面自動切り替え機能

・リモコン表示・情報リスト表示機能

・多言語・属性別表示(インバウンド対応)機能

・デジタルサイネージ・スマートフォン連動機能

・マルチメディア&インタラクティブ機能

 

詳細は、「スマリサ」の製品ページおよび「スマリサ公式サイト」をご参照ください。

 

 

sumalisa_web01

エッジブレンディングプロセッサー「VNS GeoBoxシリーズ G-602」を6/2(木)より発売

VNS社(台湾)開発のエッジブレンディングプロセッサー「GeoBoxシリーズ G-602」を本日6/2(木)より発売 します。

 

本製品は、エッジブレンディング機能を持たないプロジェクターでも、 画面の境目を感じさせないシームレスなマルチ画面表示を実現します。

 

<主な製品特長 >

オーバーラップ/エッジブレンディング機能

複数台のプロジェクターの出力をつなぎ合わせて表示する際に、映像の画面の境目を継ぎ目なく表示するオーバーラップ機能と輝度調整を可能にするエッジブレンディング機能を搭載しています。

 

マルチディスプレイ機能

1つの映像コンテンツを複数のプロジェクターにまたいで投影できます。

 

多彩な補正機能

4点キーストーン補正、ポイント補正、幾何学歪補正など多彩な機能を搭載しています。

 

○発売日:6/2(木)
○価格:オープン

○型番:G-602

G-602_for_top

伊勢志摩サミット応援 プロジェクションマッピングを実施(4/27~5/10 @三重県伊勢市 NEMU HOTEL & RESORT様)

弊社、ジャパンマテリアルグループは、伊勢志摩サミットの応援を目的として、NEMU HOTEL & RESORT様(三重県志摩市)とコラボレーションし、NEMU HOTEL & RESORT「HOTEL NEMU」様館内にて、三重県ならびに伊勢志摩の素晴らしさを、国内外の旅行者様へご紹介するプロジェクションマッピングの投影を下記のとおり実施しています。

 

本システムは、弊社の子会社である株式会社バック・ステージ(代表取締役:仲野義德 東京都中央区)との協力により構築。サイネージプレーヤー「BrightSign」が再生する映像を4台のプロジェクターによりフィルムを貼った窓ガラスに投影し、幅 約12メートル×縦 約1.5メートルのサイズにて表示します。

 

コンテンツとして、静謐で厳かな伊勢神宮、伊勢えびやあわび、松阪牛などの豊富な食材、風光明媚なリアス式海岸をはじめとする豊かな自然など、魅力あふれる映像により今回のサミットを盛り上げます。

 

○期 間

平成28年4月27日(水) ~ 平成28年5月10日(火)

(実施時間:  19:00 ~ 21:00)

 

○場 所

NEMU HOTEL & RESORT 「HOTEL NEMU」館内

住所:〒517-0403 三重県志摩市浜島町迫子2692-3

電話:0599-52-1111

02

サイネージプレーヤー「BrightSign」を管理するためのクラウド型ネットワークソリューションサービス「BrightSignNetwork.jp」を4/1(金)より開始

米国BrightSign社開発のデジタルサイネージプレーヤー「BrightSign」の新サービス「BrightSignNetwork.jp」を開始します。

BrightSignNetwork.jp」は、BrightSignを管理するためのクラウド型ネットワークソリューションです。多様化するデジタルサイネージコンテンツの遠隔地からの配信・管理を安価に実現します。

 

<特長>

❑リモート配信

デジタルサイネージコンテンツを遠隔地からアップロードできます。

 

❑リモートチェック

BrightSignプレーヤーの接続状態を確認するステータス機能や、プレーヤーが出力している映像を確認するリモートスナップショット機能により、遠隔地からプレーヤーの稼働状態をチェックできます。

 

❑グループ管理

複数台のBrightSignプレーヤーをグループ分けし、グループ毎にコンテンツやスケジュールを管理できます。

 

❑アクセス権管理

ひとつのアカウントに複数のユーザーを追加できます。コンテンツ配信・プレーヤー管理・スケジュール出力といった特長的な役割をもったユーザーを追加することで、組織的なデジタルサイネージ管理を実現します。

 

❑メディアファイルの共有

動画・静止画ファイルは、BrightSignNetwork.jpサーバーに保存し、権限を持つユーザー間で共有できます。

 

❑プレゼンテーションの共有

オーサリングソフトウェア「BrightAuthor」またはBrightSignNetwork WebUIで作成したプレゼンテーションファイルを、BrightSignNetwork.jpサーバーに保存し、権限を持つユーザー間で共有できます。WebUIで作成したプレゼンテーションファイルは、作成者だけでなく権限を持つユーザーが編集できます。

 

❑国内サーバーとバックアップサーバー

サーバーは、セキュリティー・安定性・スピードを重視した日本国内のデータセンターを利用しています。また、DR対策として、至近国のデータセンターにバックアップサーバーを設置しています。

 

❑BrightSignシリーズ全ラインナップに対応

BrightSign4K・XD2・HD2・LSシリーズのすべての製品がBrightSignNetwork.jpに対応しています。

 

○発売日:4/1(金)

○想定売価:BrightSignNetwork.jp / 1年間(BrightSignプレーヤー1台につき)

データダウンロード量 月間1GBまで : 36,000円

データダウンロード量 月間3GBまで : 72,000円

BrightSign_Network.jp

SDI入出力・2系統同時H.264エンコーディング対応 ストリーミング・レコーディングデバイス「Matrox Monarch HDX」を2/25(木)より発売

カナダ Matrox社開発の新製品 H.264エンコーディング対応 配信・録画デバイス「Matrox Monarch HDX」を本日2/25(木)に発売します。

 

本製品は、高品質な2つのH.264エンコーダーを搭載し、HDMIおよびSDI入出力に対応しています。入力ソースは内蔵のフレームシンクロナイザーにより補正するため、安定的なストリーミングとレコーディングを実現します。

 

<製品特長>

❑HDMIまたはSDIを入力に対応

本体フロントパネルのボタンまたはWEBアプリケーション「Matrox Command Center」により指定。

 

❑高品質な2つのH.264エンコーダーを搭載

両チャンネルを合わせた最大処理能力は30Mb/s。パワフルなスケーリングやディインタレーシング、ノイズ低減エンジンなど多彩な機能を搭載

 

❑2系統同時ストリーミングに対応

RTSPまたはRTMPプロトコルに準拠したH.264ストリーミングを実行。チャンネルごとに配信する映像と配信先を指定可能

 

❑2系統同時レコーディングに対応

MOVまたはMP4でファイル化し、USBドライブ、ネットワーク上のストレージなどに保存

 

❑ストリーミングとレコーディングに同時対応

2つのエンコーダーにより、一定のビットレートで配信を行いながら、マスター用の高品位なH.264ファイルを録画

 

❑H.264プレビュー

入力映像を低いビットレートでエンコードし、「Matrox Command Center」で配信前にプレビュー可能

 

○発売日:2/25(木)

○価格:オープン

○型番:MHDX/J

Monarch_HDX_angled_view