• 放送品質のテロップを実現し タッチパネルでコントロールできる議会中継システム

RoHS

放送クオリティのテロップを実現

日本国内で独自開発設計。国内外の放送局で実績のあるグラフィックエンジンを搭載しています。ニュース番組などで目にする映像と同等質のテロップ表示を可能にします。


タッチパネルによる簡単操作を実現

すべての操作をタッチパネルで簡単に実行できます。画面はウィンドウ表示が重なることなく、次の操作をすぐに判断できます。


ワンマンオペレーションが可能

すべての操作を一人で実行できます。直感的に操作できるわかりやすいインターフェースを採用しています。


テロップ内容を議会資料から一括読込

テロップに必要な情報を、議会資料などからテキストファイルとして一括で取り込めます。議会システムの運用に関わる事前準備の時間を大幅に短縮できます。また、ライブ中にテキストの追加入力や修正も可能です。


カメラの自動制御に対応

議員席や場内のカメラワークをプリセット登録し、カメラを自動制御可能です。ピクチャーインピクチャー機能により、質疑応答時の発言者双方の映像を同時に表示できます。また、手話通訳者の映像も表示できます。ライブ中にプレビュー画面を見ながら簡単な操作でカメラの微調整が可能です。


マイクシステムとの連動

マイクシステムとの連動により、操作ひとつで音声と映像双方の切り替えを簡単に行えます。国内外各社のマイクシステムに対応でき、従来の議場システム構成に柔軟に追加できます。既存の設備・資産を活用して拡張可能です。


システム構成

  • Forum Assist(デスクトップ型)
  • タッチパネルモニター
  • カメラ入力HD-SDI3系統(ネットワーク経由でのリモート・コントロール対応)
  • オプション:Matrox社のMonarch HDXとの連携が可能。Ustreamネット配信サービスからスマートフォンやPCなどに中継可能