ジャパンマテリアル株式会社

BrightSign XDシリーズ(販売終了)

  • 世界シェア50%でNo.1のデジタルサイネージプレーヤー
  • PCなしでデジタルサインを制御するプラグインプレイ設計
  • シンプルで簡単な操作と多機能性によりローコストで効果的な広告やインフォメーション配信が可能
  • ネットワーク接続によって遠隔地からの操作を実現
  • 価格:オープン
  • 在庫限りで販売終了⇒後継機はこちら
  • RoHS
新機能が追加!より魅力的なデジタルサイネージを実現するSTB
デジタルサイネージ市場におけるシェアは全世界で50%を誇るBrightSignは、コンテンツを保存したメモリカードを本体に接続するだけでデジタルサインを制御できるプラグアンドプレイ設計のメディアプレーヤーです。XDシリーズには新たに4つの機能が追加されました。
"Commercial Integrator 2013 BEST PRODUCT"に選ばれました
BrightSign XDシリーズの最上位機種BrightSign XD1230は、InfoComm 2013で発表された"The Commercial Integrator BEST Award"を受賞しました。
新機能1:パワフルビデオエンジン搭載
2つのゾーン上で同時にフルHD動画を表示できます。また、連続した静止画も高速で表示します。今後は3つ以上のゾーンで動画表示をサポートする予定です。
新機能2:HDMI入力に対応
HDCPに対応し、HDMI入力を介してライブTVの映像を表示できます。自動的にゾーンサイズに合わせて表示し、画質も変わりません。HDMI入力対応はXD1230のみです。
新機能3:HTML5に対応
HTML5対応のWebページを表示できます。最新情報をWebにアップすると、BrightSignで表示するコンテンツにも反映されます。
新機能4:スワイプ機能
タッチに加えてスワイプによる画面操作が可能となりました。コンテンツの演出の幅を広げます。
大容量の動画再生にも対応
SDXC規格のSDカードに対応により、処理速度が向上しました。大容量の動画ファイルの再生が可能です。
高い基本機能で簡単に効果的なデジタルサイネージを実現
ループ再生機能

ディスプレイをゾーン分けして、動画、静止画、テキストなど複数のデータを同時に表示できます。静止画にそれぞれ場面転換エフェクトを設定したり、ディスプレイ内で複数のゾーンを同期することも可能です。

ゾーン分けのレイアウトやその他の設定や変更は、付属のオーサリングソフトを使用して簡単に行えます。

豊富な場面転換エフェクト

BrightAuthorのエフェクトリストから選択して、効果的な演出が可能です。

エフェクトの一例

  • Image wipe(イメージワイプ)
  • Fade(フェード)
  • Venetian blind(ヴェネチアン ブラインド)
インタラクティブ機能

タッチパネルやマウス・キーボードなどの他、バーコードスキャナー、モーションセンサー、RFID、GPIOやUSBボタンコントロール、IR リモートコントロール、シリアルデバイスなど様々なインタラクティブデバイスによる外部入力に対応しています。

オプション製品としてUSBボタンパッドもご用意しています。

インタラクティブ対応はXD1230、XD1030のみ。

ネットワーク配信機能

LAN経由またはインターネット経由により、配信やコンテンツの更新、スケジュール管理が可能です。

複数のプレーヤーの再生を同期化
複数のプレーヤー間をLANケーブルで接続して、再生を同期化し、複数のモニターの映像がつながった一つの映像であるように表示することができます。2台のBrightSignを接続する場合はLANケーブルで直接接続し、2台以上接続する場合はハブを使用して接続します。
思い通りのサイネージを実現する多彩な機能
そのほかBrightSignに搭載された多彩な機能で、思い通りのサイネージを実現します。すべての機能の設定は、付属のオーサリングソフトウェアBrightAuthorにて実行できます。シリーズによって対応する機能が変わります。
オーサリングソフトウェア「BrightAuthor」で簡単にコンテンツを作成・配信
付属のソフトウェア「BrightAuthor」を使用して、コンテンツのレイアウト作成から、プレイリスト作成、エフェクトやインタラクティブ機能の設定、スケジュールの作成などを簡単に行い、すべての設定をメモリーカードに書き出すことができます。
設置しやすいコンパクトな筐体

サイズはすべて幅196mm(*)×奥行169mm(**)×高さ43mmのコンパクトサイズですので、設置スペースを選ばず、モニタの背面の取り付けにも最適です。

(*)上記には左右にそれぞれ14.20mmの取付固定部分を含みます。

(**)上記に加えてXD230はフロントパネルのみ、XD1030とXD1230はフロントパネルとバックパネルにコネクタ部があります。

BrightSignに搭載された多彩な機能で、思い通りのサイネージを実現します。すべての機能の設定は、付属のオーサリングソフトウェアBrightAuthorにて実行できます。LS422はLS322のすべての機能を搭載しています。

パワフルビデオエンジン
2つのフルHD動画を同時に表示できます。また、連続した静止画の高速表示も可能です。今後は3つのHD動画表示をサポートする予定です。
4Kアップスケーリング
1080pのコンテンツを4K解像度に拡大表示できます。
HDMI入力
HDCPに対応し、HDMI入力を介してライブTVの映像を表示できます。自動的にゾーンサイズに合わせて表示します。
HTML5対応
HTML5対応のWebページを表示できます。最新情報をWebサイトにアップすると、BrightSignで表示するコンテンツにも反映されます。
タッチ/スワイプ
タッチパネルに対応しています。さらにスワイプにより画面操作も可能となりました。コンテンツの演出の幅を広げます。
デジタルサウンド
SPDIF経由でクリアなデジタルサウンドをコンテンツに追加できます。
IPストリーミング
ストリーミングコンテンツを表示できます。MJPEGおよびHLS、UDP、RTP、RTSP、HTTP、SHOUTcastのオーディオストリーミングに対応しています。
IPストリーミングサーバー
同じローカルエリアネットワーク上で、BrightSignのローカルストレージから複数のデバイスにフルHD動画を配信します。
同期再生
複数のプレーヤーの再生を同期化して、複数のモニターの映像がつながった1つの映像であるように表示できます。
ゾーン機能
1台のディスプレイ上をゾーン分け(分割)して、複数のデータを同時に表示できます。ゾーン分けのレイアウトは自由にカスタマイズできます。
インタラクティブ機能
タッチパネルやマウス・キーボードの他、バーコードスキャナー、モーションセンサー、RFID、GPIOやUSBボタンコントロール、IRリモートコントロール、シリアルデバイスなど様々なインタラクティブデバイスによる外部入力に対応しています。
UDP制御
UDPコマンドを再生のトリガーにすることができます。WiFiやイーサネット接続および同梱のオーサリングソフトウェア「BrightSign Author」を使ってiPoneやAndroidなどのモバイル端末によってサイネージを制御できます。
ライブフィード対応
ライブテキストフィールドを更新して、コンテンツ内のテキストのみを更新でき、メニュー表示の変更などに最適です。テキストの変更は、同梱のオーサリングソフトウェア「BrightAuthor」をインストールしたパソコンで簡単に変更できます。
GPS対応
バスなどに取り付けられた移動するサイネージにおいて、現在地に応じてコンテンツを再生できます。市販のGPSユニットをBrightSignのUSBポートに接続し、指定エリアに入った際の動作や指定エリアから出た際の動作をトリガーに設定できます。
BrightSign App
専用アプリケーション「BrightSign App」をダウンロードして、iPhoneやiPadで簡単にデジタルサイネージをコントロールできます。
Sign Preview
BrightAuthorでプレゼンテーションの再生を確認できるようになりました。作成したサイネージがどのように表示されるかプレビューできます。アップデートにより対応予定です。
ネットワーク更新
ネットワークを介して遠隔地からのコンテンツの更新やスケジュールの設定、ライブコンテンツの再生が可能です。
BrightSign ラインナップ別 機能対応表
シリーズ名 BrightSign HD
BrightSign XD
型番 BS/HD120 BS/HD220 BS/HD1020 BS/XD230 BS/XD1030
(販売終了)
BS/XD1230
入出力
SDHC/SDXCスロット
内部マイクロSDスロット × × ×
USBポート × × ○(x1) × ○(x2) ○(x2)
GPIOポート × ×
RSS232(シリアル)ポート × × ×
アナログ・ステレオ音声出力
S/PDF出力 × × × ×
VGA/HDMI出力
HDMI入力 × × × × ×
対応機能
ループ再生/画面分割
(ゾーン)
2ゾーン動画再生 × × ×
HTML5表示 × × ×
テキスト表示
スケジュール再生
同期再生/UDPコマンド制御 ×
タッチパネル/USBデバイス
制御
× × ×
ネットワーク更新 ×
接点スイッチ制御/LED点灯 × ×
シリアルコマンド制御 × × ×
サイズ 164mm x 125mm x 32mm 196mm x 169mm x 43mm
電源 5V/3.0A 12V/3.0A

HD120のスケジュール再生は、内蔵電池で時間情報(時計)を管理します。より正確な時間にスケジュール再生を行うためには、ネットワーク対応モデルを使用して、タイムサーバーにアクセスする必要があります。

付属のソフトウェア「BrightAuthor」を使用して、コンテンツのレイアウト作成から、プレイリスト作成、エフェクトやインタラクティブ機能の設定、スケジュールの作成などを簡単に行い、すべての設定をメモリーカードに書き出すことができます。

BrightAuthorに日本語対応版(BrightAuthor 3.7.0.39 Beta Release Jan 6,2014)がリリースされました。

動作環境 Windows Vista, Windows 7 (Microsoft .Net Framework 4.0以降のインストールが必要です)

BrightSign本体のファームウェアはFirmware:Version 4.7.112 Official Releaseが必要です

BrightSign HD用とBrightSign XD用の2種類がありますので、お使いの機種に合ったものをご利用ください。

BrightSign XD230
BrightSign XD1030
販売終了
BrightSign XD1230
型番 BS/XD230 BS/XD1030 BS/XD1230
フロントパネル
  • IR端子
  • IR端子
  • RS232コネクタ
  • GPIOコネクタ
  • SPDIF端子
  • IR端子
  • RS232コネクタ
  • GPIOコネクタ
  • SPDIF端子
  • RF入力コネクタ(日本国内では使用できません)
バックパネル
  • 電源入力コネクタ
  • VGA出力コネクタ
  • ステレオミニジャック
  • HDMI出力コネクタ
  • イーサネット端子
  • リセットボタン
  • 電源入力コネクタ
  • VGA出力コネクタ
  • ステレオミニジャック
  • HDMI出力コネクタ
  • イーサネット端子
  • リセットボタン
  • 電源入力コネクタ
  • VGA出力コネクタ
  • ステレオミニジャック
  • HDMI出力コネクタ
  • HDMI入力コネクタ
  • イーサネット端子
  • リセットボタン
サイドパネル(右)
  • SDXCスロット
  • パワーLED
  • SDXCスロット
  • パワーLED
  • SDXCスロット
  • パワーLED
サイドパネル(左)
  • USB端子×2
  • USB端子×2
アンダーパネル 内蔵microSDスロット 内蔵microSDスロット 内蔵microSDスロット
対応ビデオ
フォーマット
  • MPEG-2、MPEG-1、H.264(MPEG-4、Part10)
  • 拡張子.TS、.MPG、.VOB、.MOV、MP4
  • PowerPointの「ビデオの作成」で出力されたWMV 音声はサポートされません
  • H.264 MainまたはHighプロファイルレベル4.1以下
  • 最大ビットレート 25Mbps 詳細はVideo Quality Technoteをご参照ください。
  • 最大解像度 1920×1080p(プログレッシブ)
対応画像
フォーマット
1080pまでのBMP、JPEG、PNG
対応オーディオ
フォーマット
  • H.264ビデオに含まれるAACオーディオ(CBRのみ対応・VBR非対応)
  • サンプリングレート48kHzまたは44kHzでステレオまたはモノラルのMP3オーディオファイル(MPEG-1/MPEG-2ビデオ)
  • ビデオファイルに含まれるDolby Digital(AC3) 5.1chオーディオ(HDMIまたはS/PDIFパススルー)(MPEG-2ビデオ)
その他のメディアフォーマット HTML5
ネットワーク配信対応 対応あり
電源 12V/3.0A
動作環境
  • 温度 0℃~40℃
  • 湿度 90%まで(相対湿度)結露なきこと
サイズ
  • 幅196mm(*)×奥行169mm(**)×高さ43mm 製品図面はこちら
  • (*)上記に加えて左右にそれぞれ14.20mmの固定用金具部があります。
  • (**)上記に加えてXD230はフロントパネルのみ、XD1030およびXD1230はフロント及びバックパネルにコネクタ部があります。
重量 669g
付属物 ACアダプタ、CD-ROM(User's Guide収録)

対応解像度

VGA コンポーネント(*) HDMI(**)
  • 640x480x60p
  • 800x600x60p
  • 800x600x75p
  • 1024x768x60p
  • 1024x768x75p
  • 1280x768x60p
  • 1280x800x60p
  • 1280x800x75p
  • 1280x960x60p
  • 1280x1024x60p
  • 1280x1024x75p
  • 1360x768x60p
  • 1400x1050x60p
  • 1400x1050x75p
  • 1440x900x60p
  • 1440x900x75p
  • 720x480x59.94p
  • 720x480x60p
  • 720x576x50p
  • 1280x720x50p
  • 1280x720x59.94p
  • 1280x720x60p
  • 1280x1024x60p
  • 1280x1024x75p
  • 1920x1080x50i
  • 1920x1080x59.94i
  • 1920x1080x60i
  • 1920x1080x24p
  • 1920x1080x25p
  • 1920x1080x29.97p
  • 1920x1080x30p
  • 1920x1080x50p
  • 1920x1080x59.94p
  • 1920x1080x60p
  • NTSC-COMPONENT
  • PAL-COMPONENT
  • NTSC-M
  • NTSC-M-JPN
  • PAL-I
  • PAL-BG
  • PAL-N
  • PAL-NC
  • PAL-M
  • 640x480x60p
  • 720x480x59.94p
  • 720x480x60p
  • 720x576x50p
  • 800x600x60p
  • 800x600x75p
  • 1024x768x60p
  • 1024x768x75p
  • 1280x720x50p
  • 1280x720x59.94p
  • 1280x720x60p
  • 1280x768x60p
  • 1280x800x60p
  • 1280x800x75p
  • 1280x960x60p
  • 1280x1024x60p
  • 1280x1024x75p
  • 1360x768x60p
  • 1400x1050x60p
  • 1400x1050x75p
  • 1440x900x60p
  • 1440x900x75p
  • 1920x1080x50i
  • 1920x1080x59.94i
  • 1920x1080x60i
  • 1920x1080x24p
  • 1920x1080x25p
  • 1920x1080x29.97p
  • 1920x1080x30p
  • 1920x1080x50p
  • 1920x1080x59.94p
  • 1920x1080x60p
  • SECAM
  • NTSC-COMPONENT
  • PAL-COMPONENT
  • NTSC-M
  • NTSC-M-JPN
  • PAL-I
  • PAL-BG
  • PAL-N
  • PAL-NC
  • PAL-M

(*) コンポーネント出力には、別途VGA-コンポーネント変換ケーブルが必要です。

(**) モニタの仕様によっては、HDMI接続時にオーバースキャンして表示される場合があります。

BrightSign XDシリーズ ラインナップ
製品画像 製品名 製品仕様
BrightSign XD1230(型番:BS/XD1230) HDMI入力対応モデル

HDMI入力に対応した最上位機種。同期再生やネットワーク配信に対応し、GPIO、シリアル、USBデバイスとの接続も可能。
販売終了BrightSign XD1030(型番:BS/XD1030) インタラクティブ・ネットワーク対応モデル

同期再生、ネットワーク配信に対応しGPIO、シリアル、USBデバイスとの接続も可能。
BrightSign XD230(型番:BS/XD230) ネットワーク対応モデル

同期再生、ネットワーク配信に対応。複数のモニターを使用した大規模なサイネージも簡単に実現できます。
オプション
製品画像 製品名 製品仕様
USB 11Button Pad(型番:USB/BP900) BrightSign XD1230、XD1030、HD1020に対応するUSBボタンパッド(ボタン数11)
USB 4 Button Pad(型番:USB/BP200) BrightSign XD1230、XD1030、HD1020に対応するUSBボタンパッド(ボタン数4)

このページでご紹介する採用事例は、BrightSign全シリーズの採用事例です。国内外の主な採用事例についてはBrightSign採用事例ページも合わせてご参照ください。

PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭 2015」(2015/3/7~5/10)

京都で初めてとなる大規模な現代芸術の国際展「PARASOPHIA:京都国際芸術祭 2015」にて、BrightSignシリーズをご使用いただきました。

展示作品「憧れのボディ/bodhi」石橋義正
「憧れのボディ/bodhi」では、マルチチャンネルのビデオインスタレーションにおいて、2面同期再生 や 4K映像の再生にBrightSignシリーズが使用されています。簡単な設定で自動再生や同期も行える BrightSignは、展覧会の運用面でも非常に実用的です。

石橋義正《憧れのボディ/bodhi》2015 PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015での展示風景(会場:京都市美術館)
写真:河田憲政
展示作品「神託、フクロウ……ある動物は眠らない」アン・リスレゴー
マルチチャンネルの3DCG映像の再生にBrightSignシリーズが使用されています。コペンハーゲ ンと ニューヨークを拠点に活動する作家・リスレゴー氏は今回、再生機器にBrightSignHD220を指定。

アン・リスレゴー《神託、フクロウ……ある動物は眠らない》2012–14 PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015での展示風景(会場:京都市美術館)
写真:河田憲政
「デザインあ展」(21_21 DESIGN SIGHTにて開催)

東京ミッドタウン内の「21_21DESIGN SIGHT」で開催中の企画展「デザインあ展」(2013年2月8日~6月2日)にてBrightSignシリーズをご使用いただきました。

展示作品 「モノ・オトと映像の部屋」 tha ltd.+小山田圭吾(コーネリアス)
「モノ・オトと映像の部屋」(tha ltd.+小山田圭吾(コーネリアス))では、8台のBrightSignを同期させ、4面の壁にそれぞれ表示した映像を壁全面に渡って連なっているように表示しています。
展示作品「ふろしき」 佐藤卓デザイン事務所+山田悦子(むす美)
展示作品「おりがみ」 佐藤卓デザイン事務所+折形デザイン研究所

映像に合わせてふろしきを包んだり、おりがみを体験できる「ふろしき」(佐藤卓デザイン事務所+山田悦子(むす美))・「おりがみ」(佐藤卓デザイン事務所+折形デザイン研究所)の展示では、計12台のBrightSignにより、スタートボタンをトリガーにして映像を再生しています。

結婚式場のウェルカムボード

結婚式場のウェルカムボードでご使用いただきました。24.1インチモニタの背面にBrightSignを取付け、SDカードに保存した静止画をループ再生。来場者の方の目を惹く、動きのあるウェルカムボードを実現しました。

このほか、国内の博物館や美術館、公共施設、店舗など多くの採用実績があります。詳しくはお問い合わせ下さいください。

これらのドキュメントは、BrightAuthorのバージョンによっては記述方法が実際の画面と一部異なる場合がありますが、操作については同等です。