ジャパンマテリアル株式会社

Matrox Maevexシリーズ

データ転送量を抑えながら高画質データ配信を実現

Maevexシリーズは、エンコーダーユニットとデコーダーユニットからなり、標準のTCP/IPネットワーク経由でフルHDビデオやオーディオ、RS232制御信号(*)を延長・伝送するエクステンダーユニットです。

Maevexエンコーダーユニットが、ホストPCまたはその他のメディアソースからビデオやオーディオ、RS232信号をキャプチャーし、その信号をCATxケーブル経由で1台または複数台のMaevexデコーダーユニットへ配信します。また、H.264エンコード/デコードにより、ブルーレイ レベルの高画質データをデータ転送量を抑えながら標準のLANまたはWAN経由(*)で配信できます。

さらに、Matrox PowerStreamソフトウェアにより、ネットワーク経由でMaevexの管理、モニタリング、スケジューリング(*)が可能です。

WAN経由での配信、スケジューリングは今後対応予定です(現在未対応)。

ネットワーク経由でフルHDビデオストリームを配信

Maevex エンコーダーユニットとデコーダーユニットは、ユニキャストおよびマルチキャスト ストリーミング配信の両方に対応しています。複数のデコーダーをデイジーチェーンで接続でき、大規模なビデオ配信ネットワークを構築できます。エンコーダーとデコーダーの組合せにより接続するネットワークを広げ、デイジーチェーン接続でいくつでも延長できます。一つのスクリーンまたは接続された多数のスクリーン上で高解像度のコンテンツを同時再生でき、ティアリングも発生しません。また、10M/100M/1000Mbpsのイーサネット ネットワークを利用してネイティブ・ネットワークを構築したり、延長することも可能です。

さらに、配信されたビデオストリームは、RTSPプロトコルに対応した汎用的なメディアプレーヤーでもデコードできます。システム構成において、オリジナルのSTBをデコーダーとしてご利用いただくなど、柔軟な対応が可能です。

複数のデコーダーで異なる解像度を同時にサポート

複数のデコーダーを接続して、デコーダーごとにそれぞれ異なる解像度やアスペクト比をサポートします。各種パラメーターの微調整も可能です。

エンコーダーは、入力信号に対してスケーリングを行ってからエンコードし、それを受けるデコーダーは、受信したビデオストリームをデコードして、出力時にスケーリングを行います。例えば、エンコーダーが1920×1080の信号を受け、これを1280×720にスケーリングしてエンコードした場合、デコーダーは1280×720のストリームを受け、解像度を変えずに、または1920×1080などにスケーリングして出力することができます。

受け取った画面から任意の部分を切り取って表示するクロップ機能

管理ソフト「Matrox PowerStream」のクロップ機能を使って、デコーダーは、エンコーダーから受け取った画面の任意の部分を切り取って表示できます。 デコーダーでの表示方法は、全画面表示、センター表示、アスペクト比を維持したままの最大表示から選択できます。

「Matrox Power Stream」の設定メニュー(Maevex デコーダー側)
Panasonic製HDインテグレーテッドカメラに対応 カメラからのIPストリーミングを直接デコード
 

Matrox MaevexはPanasonic製 HDインテグレーテッドカメラAW-HE130W/Kに対応しており、AW-HE130W/KでエンコードされたH.264ストリーミングを直接デコードできます。

※対応するFirmwareは1.03.05.007以上です。最新のFirmwareはMatrox社のWEBサイトより取得できます。

管理ソフトウェア Matrox PowerStream

Matrox Maevexに同梱されているソフトウェア"Matrox PowerStream"は、接続されたMaevexユニットをリモートコントロールしたり、ステータスを確認するなど、一元的な管理を可能にします。

ネットワークに接続したPCに"PowerStream"をインストールすることで、コマンド・コントロール・アプリケーションが様々な機能に対応し、接続されたすべてのMaevexユニットをネットワーク経由で設定、 管理、スケジューリング(*)、更新することができます。

ネットワーク経由でのスケジューリングは今後対応予定です(現在未対応)。

初期設定を行う場合、DHCPサーバー(または、ルーター)が設置されたネットワークに接続する必要があります。詳しくは、こちらをご覧ください。

主な機能
  • 同一サブネット上のMaevexユニットの自動検出(要DHCPサーバー)
  • aevexエンコーダー/デコーダーのIPアドレスを確認・管理
  • エンコーディング/デコーディング パラメーターおよびネットワーク パラメーターの調整
  • 台または複数台のデコーダーにストリーミングを簡単に割当
  • ストリーミング配信する前にネットワークの帯域幅に従ってソースの解像度を縮小
  • 各デコーダーの出力に応じてスケーリングやトリミングを行い柔軟に表示
  • すべてまたは特定のデコーダーの出力解像度を強制的に設定
  • エンコーダーで2種類のプレビュー(パススルーまたはスケーリングや色調補正後のプレビュー(confidence previrew)のいずれか)を選択可能。
  • エンコーダーまたはデコーダーの出力においてプロックアンプで画像を調整
  • DMIエンベデッド オーディオまたはアナログオーディオを制御
  • owerStreamへのユーザーアクセス管理とパスワード保護によるMaevexネットワークの管理
  • すべてのエンコーダーおよびデコーダーユニットに任意で名前を付ける
  • デバイスID、IPアドレス、ストリーミング ステータス、ビットレート、その他のパラメーターに簡単にアクセス
  • ネットワーク上でファームウェアを簡単にアップデート
エンコーダー Maevex 5150 Encoder
型番 MVX-E5150F
パネル
ビデオ入力
  • ・HDMI(デジタル リニアPCM オーディオ付)
  • ・DVI-HDMIアダプター経由DVI
  • ・最大解像度1920×1080p60、1920×1200(60Hz)
ビデオ出力
  • ・デジタル リニアPCM オーディオ付 HDMI (パススルー、またはスケーリングや色調補正後のプレビュー(confidence preview))
  • ・DVI(DVI-HDMIアダプターを使用/パススルー、またはスケーリングや色調補正後のプレビュー(confidence preview))
  • ・HD15 アナログVGA(スケーリングや色調補正後のプレビュー(confidence preview))
  • ・最大解像度1920×1080p60、1920×1200(60Hz)
  • ・プロックアンプ制御:コントラスト、明るさ、彩度、色相
  • ・スケーリング出力可(例:1080p60入力/720p60スケーリング出力など)
オーディオライン入力 3.5mmアナログ ステレオ オーディオ
オーディオ ライン出力(ローカル パス スルー) 3.5mmアナログ ステレオ オーディオ
ネットワークコネクター RJ45×1
デコーダー Maevex 5150 Decoder
型番 MVX-D5150F
パネル
ネットワークコネクター RJ45×2
ビデオ出力
  • ・デジタル リニアPCMオーディオ付HDMI
  • ・最大解像度1920×1080p60、1920×1200(60Hz)
  • ・プロックアンプ制御:コントラスト、明るさ、彩度、色相
  • ・クロップ機能対応
オーディオライン出力 3.5mmアナログ ステレオ オーディオ
ビデオ エンコーディング/デコーディング
シングルチャンネルHD 最大1920×1080p60、1920×1200(57Hz-TBC)
圧縮標準 H.264/Mpeg4 Part 10 (AVC)
プロファイル Baseline、Main、High
レベル 4.2まで
ビットレート 100Kbps ~25Mbps
レート制御 CBR、VBR、Favor Speed、Favor Quality
オーディオ エンコーディング/デコーディング
圧縮標準 MPEG4 AAC-LC
チャンネル 2チャンネル(ステレオ)
周波数サンプル 32kHz、44.1kHz、48kHz
ビットレート 96Kbps、128Kbps、192Kbps、256Kbps
ネットワーク インターフェース
10/100/1000Base-T イーサネット 自動切替
ストリーミング プロトコル UDP、RTP/RTSP/RTCP
コマンド&プロトコル制御 HTTP/HTTPS
IPV4 対応
ユニキャスト/マルチキャスト/マルチユニキャスト 対応
DHCP(デフォルト)/固定IPアドレス 対応
CAT5以上のネットワークケーブル 対応
管理ソフトウェア
機能
  • ・Maevexネットワークの設定と制御
  • ・エンコーディング/デコーディング制御と操作
  • ・フレームレートと解像度制御
  • ・パスワード保護
対応OS
  • Windows 10 (32bit/64bit)
  • Windows 8.1 (32bit/64bit)
  • Windows 8 (32bit/64bit)
  • Windows 7 (32bit/64bit)
  • Windows Server 2012R2 (64bit)
  • Windows Server 2012 (64bit)
  • Windows Server 2008R2 (64bit)
  • 対応ドライバーはMatrox社のWEBサイトよりダウンロードいただけます。

注意事項
  • 初期設定を行う場合、DHCPサーバー(または、ルーター)が設置されたネットワークに接続する必要が
    あります。詳しくは、こちらをご覧ください。
その他
本体サイズ
  • 【エンコーダー】215.9mm x 25.9mm x 101.6mm、378g
  • 【デコーダー】128.3mm x 25.9mm x 109.0mm、286g
電源
  • 100-240V AC入力、5VDC 出力、15W
  • DIN4 ロッキング電源コネクタ―
可動部 なし。ファンレス設計
MTBF
  • 【エンコーダー】135.05年(40℃で使用した場合。電源供給部分は除く)
  • 【デコーダー】164.81年(40℃で使用した場合。電源供給部分は除く)
  • 【外部電源】11.45年(25℃で使用した場合。全負荷電流)
認証
  • CE/FCC/VCCI/ICES/C-Tick/KCC Class B
  • RoHS/WEEE
動作環境温度/保管環境温度 0~45℃/-40℃~55℃
動作環境湿度/保管環境湿度 20~80%/5~95%(結露なきこと)
製品 パッケージ内容
【エンコーダー】Maevex 5150 Encoder(型番:MVX-E5150F)
  • ・エンコーダーユニット本体
  • ・CAT5E イーサネットケーブル、RJ45 オス-オス、約1.8m
  • ・DVIアダプター(DVI-Dオス-HDMIメス)
  • ・3.5mmアナログステレオオーディオケーブル、オス-オス、約1.8m
  • ・ACアダプター
  • ・ACケーブル
  • ・クイック セットアップガイドおよびリリースノート
【デコーダー】Maevex 5150 Decoder(型番:MVX-D5150F)
  • ・デコーダーユニット本体
  • ・ACアダプター
  • ・ACケーブル
  • ・クイック セットアップガイドおよびリリースノート

その他製品の詳細についてはお問い合わせ下さい

Maevex 5150 Encoder 型番:MVX-E5150F
Maevex 5150 Decoder 型番:MVX-D5150F