ジャパンマテリアル株式会社

デジタルサイネージ 採用事例

弊社取扱い製品を導入された企業様の事例をデジタルサイネージ分野を中心にご紹介いたします。お客様の目的に合わせたシステム構築のご提案等も行っておりますので、ご相談ください。

また、デジタルサイネージ用メディアプレーヤー「BrightSign」シリーズの国内外の採用事例については、BrightSign採用事例ページも合わせてご参照ください。

デザインあ展(21_21 DESIGN SIGHT)

採用製品:BrightSign HDシリーズ

  • モノ・オトと映像の部屋tha ltd.+小山田圭吾(コーネリアス)
  • ふろしき佐藤卓デザイン事務所+山田悦子(むす美)
  • おりがみ佐藤卓デザイン事務所+折形デザイン研究所

東京ミッドタウン内の21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「デザインあ展」(2013年2月8日~6月2日)で「BrightSign HDシリーズ」をご採用いただきました。

「モノ・オトと映像の部屋」(tha ltd.+小山田圭吾(コーネリアス))では、8台のBrightSign HD220を同期させ、4面の壁にそれぞれ表示した映像を壁全面に渡って連なっているように表示しています。

また、映像に合わせてふろしきを包んだり、おりがみを体験できる「ふろしき」(佐藤卓デザイン事務所+山田悦子(むす美))・「おりがみ」(佐藤卓デザイン事務所+折形デザイン研究所)の展示では、計12台のBrightSign HD1020により、スタートボタンをトリガーにして映像を再生しています。

顕微鏡画像 表示システム(山口大学 医学部様)

採用製品:Matrox Mシリーズ

山口大学 医学部様の顕微鏡画像表示システムに「M9188」をご採用いただきました。2枚の「M9188」をワークステーションに接続し、操作用1画面+表示用15画面の計16画面の表示を行っています。15画面表示モニターはフルHDのモニタを縦3台×横5台に配置し、9600×3240の超高解像度スクリーンとしてご使用いただいております。超高解像度で保存された顕微鏡画像のより広い範囲を一度に表示することが可能です。フルHDの15倍の情報を一度に表示しています。

近鉄百貨店 施設案内用デジタルサイン(株式会社近鉄百貨店様)

採用製品:Matrox Mシリーズ

工事中の壁面を利用し、近鉄百貨店の施設案内や、阿部野橋ターミナルビルタワー館(仮称)計画イメージを表示するデジタルサイネージ。SHARP製60インチ液晶モニタ4台を使用し、表示には4面出力対応の「M9148」が採用されています。4面全体に1つのコンテンツを表示したり、上段2面・下段2面でそれぞれ別のコンテンツを表示したり、Matroxグラフィックボードの柔軟なマルチモニタ設定が活用された事例です。

アートと広告が融合したデジタルサイネージ『デジタルアートボード』(株式会社電通様)

採用製品:Matrox Mシリーズ

東京ミッドタウンのプラザ地下1階インフォメーション付近に設置されたデジタルサイネージ『デジタルアートボード』に「M9188」が採用されています。「アート」と「広告」が融合した新しい広告媒体として開発されたこのシステムでは、6面のモニタを連結した屏風型液晶ディスプレイに、日本画家・千住博氏作『水の森』や葛飾北斎作『冨嶽三十六景』などのデジタル動画、サントリー美術館『和ガラス―粋なうつわ、遊びのかたち―』展出展作品映像など、クリエーティブコンテンツと広告が放映されています。コンテンツ管理にはCIC社製の超高速表示コンテンツ放映システム「enVision」が使用され、1CPU・1グラフィックボードによる高解像度マルチ画面表示が実現しました。

結婚式場のウェルカムボード

採用製品:Bright Sign

ご結婚式場のウェルカムボードにメディアプレーヤー「Bright Sign」をご使用いただきました。24.1インチモニタの背面に取り付けた「Bright Sign」で、SDカードに保存された静止画をループ再生し、デジタルサイネージを利用した動きのあるウェルカムボードを実現した事例です。

ディーリングルーム内の表示システム

採用製品:Matrox QIDシリーズ DualHead2GO

  • 画像はイメージです

銀行内のディーリングルームでのデジタルサイネージ事例です。ディーリングルームに設置された複数モニタのコントロールにMatroxのマルチモニタ対応グラフィックボード「Matrox QIDシリーズ」およびグラフィックボックス「DualHead2GO」が採用されました。

交通管制システム/鉄道運行システム(システム構築企業B社様ほか)

採用製品:Matrox PPXシリーズ Matrox QIDシリーズ

  • 画像はイメージです

交通管制システムでのデジタルサイネージ事例です。道路の渋滞や事故の発生状況などの監視や、鉄道の運行状況を監視するシステムにおいて、Matroxのマルチモニタ対応グラフィックボード「Matrox PPXシリーズ」と「Matrox QIDシリーズ」が採用されました。

発電所監視制御システム(システム構築企業C社様)

採用製品:Matrox PPXシリーズ Matrox QIDシリーズ Matrox G450MMSシリーズ

  • 画像はイメージです

発電所の運転情報を効率的に運営する監視制御システムにおけるデジタルサイネージ事例です。Matroxのマルチモニタ対応グラフィックボード「Matrox PPXシリーズ」、「Matrox QIDシリーズ」、「Matrox G450MMSシリーズ」が使用されています。

空港発着案内モニタ(システム構築企業D社様)

採用製品:Matrox QIDシリーズ

  • 画像はイメージです

空港のデジタルサイネージに採用された事例です。空港内のカウンター等に設置された発着案内表示用モニタへの出力にマルチモニタ対応グラフィックボード「Matrox QIDシリーズ」が使用されています。

マジックシアター六本木

採用製品:Matrox QIDシリーズ Millennium P690シリーズ

六本木にオープンした常設型マジック劇場でのデジタルサイネージ事例です。店内に設置されたモニタへの出力に「Matrox QIDシリーズ」と「Millennium P690シリーズ」が使用されています。端末の選定とグラフィックボードの組込みも弊社にて行いました。

1台のPC(HP XW4600を使用)にMillenniumP690グラフィックボード1枚とQID 2枚を組込み、制御用モニタ1台と縦表示したモニタ9台の計10台のモニタに接続。窓に見立てた9台のモニタには9分割されたFlash画像により仮想の風景が表示され、幻想的なシーンを演出しています。

クリニックのインフォメーション端末(医療社会法人 飛翔会様)

採用製品:Matrox QIDシリーズ Millennium P690シリーズ

病院のインフォメーション用デジタルサイネージでの採用事例です。福山整形外科・内科クリニック様のインフォメーション端末において「Matrox QIDシリーズ」および「Millennium P690シリーズ」が使用されています。端末の選定とグラフィックボードの組込みも弊社にて行いました(HP XW4600を使用)。

1台のPCから、受付に設置された19インチモニタ1台と、エントランスに設置された50インチ大型モニタ4台(2×2の田の字型に設置)の合計5台のモニタに接続し、PowerPointのスライドショーを表示しています。PowerPointを使用したコンテンツと大型モニタとを組合せることで、コンテンツの作りやすさやコスト削減と同時に、効果的な情報配信を実現されています。

河川監視システム(システム構築会社F社様)

採用製品:Matrox PPXシリーズ

  • 写真はイメージです

水系監視システムでのデジタルサイネージ採用事例です。ダム・水路・河川などの監視システムにおいて、Matroxのマルチモニタ対応グラフィックボード「Matrox PPXシリーズ」が使用されています。

放送局向け静止画素材プレビューシステム(株式会社エルクベンチャーズ様)

採用製品:Matrox G450MMSシリーズ

エルグベンチャーズ様企画による放送局様向け静止画像素材プレビューシステムでの採用事例です。放送局では、PC上で製作された天気予報等に用いる静止画像素材データを、NTSC上で確認する必要がありますが、このシステムでは、弊社の「G450MMS+TV 出力ケーブル」を組込んだPC(プロサイド製)が使われており、最大8画面のNTSC出力に対応しています。PCを使用することで、業務用機器よりも安価でシステムを構築することができます。

在席・離席確認用システム(大手メーカーG社様)

採用製品:Matrox G450MMSシリーズ

社内の在席・離席確認用システムでの採用事例です。ネットワークカメラ「Canon VB-C10R」、ビューワーソフトウェア「Canon WebView Livescope MV Ver.2.1/LE」と「Matrox G450MMSシリーズ」とを組合せた在席・離席確認用システムにより、フロアの異なる部門間の確認がスムーズに行われています。実際には各モニタに各階のライブ映像が映っています。

会議室用の「リアルマルチ」システム(株式会社NTTドコモ様)

採用製品:Matrox G450MMSシリーズ

株式会社NTTドコモ様の会議室用システムでの採用事例です。マルチモニタを使用したプレゼンテーションシステムにおいて、「Matrox G450MMSシリーズ」が採用されています。

産業用FAパソコン(株式会社たけびし様)

採用製品:Matrox Millennium G550シリーズ

株式会社たけびし様の産業用FAパソコンXRTシリーズに「Matrox Millennium G550シリーズ」が採用されています。

高精細デジタル動画システム

採用製品:Matrox Parhelia HR

高精細デジタル動画システムでの採用事例です。オリンパス株式会社の世界初「入力(撮影)-編集-出力」まで一貫した、800万画素のデジタル動画システムの高精細静止画像確認用に「Matrox Parhelia HR」が採用されました。