• 拡張カメラリンクケーブルに対応し、オンボードベイヤー変換にも対応する高速取り込みが可能なモデル
  • 定価:オープン

RoHS

製品の特徴

Radient eV-CLは、拡張カメラリンク(Extended Camera Link)ケーブルに対応したBase 4ch、Medium/Full 2chまでの同時取り込みに対応する高速フレームグラバーです。オンボードでのベイヤー変換や80-bit(Deca)モードに対応(Full対応モデルのみ)、PCIe 2.1 x4/x8の大容量インターフェースで伝送を行います。


○拡張カメラリンク(Extended Camera Link)ケーブル対応(プリエンファシス機能)
○最大でBase規格カメラ4ch、またはMedium/Full規格カメラ2chまでの同時取り込みに対応
○Full対応モデルは80-bit(Deca)モードをサポート
○PCIe 2.1 x4/x8
○Camera Link 2.1準拠
○PoCL(Safe Power)対応
○512MB/1GBのオンボードメモリー
○Microsoft Windows 7/10(32/64bit)、Linux(64bit)対応
○エリアカメラ/ラインカメラ対応


製品仕様

ハードウェア ○PCIe 2.1 x4/x8対応ハーフサイズボード
○512MB/1GBのDDR3 SDRAMを搭載
○CameraLink 2.1準拠
・最大2台までのBase規格(Dual-Base)
・1台のMedium/Full規格(Single-Full)
・最大4台までのBase規格(Quad-Base)
・最大2台までのMedium/Full規格(Dual-Full)
・ Full規格ボードは80-bit(Deca)モードに対応
・ PoCL(Safe Power)対応
○拡張カメラリンクケーブル対応
○エリアカメラ/ラインカメラ対応
○8/10/12bit LUT搭載
○オンボード画像再構築
○オンボードカラー変換
・入力:モノクロ/ベイヤー(8/16bit)、RGBパックド(24/48bit)
・出力:モノクロ(8/16bit)、RGBパックド/RGBプラナー(24/48bit)、YUV(16bit)、RGBa(32bit)
○オンボードベイヤー変換
○DBHD-15オスGPIOコネクター
(Dual-Base, Single-Full, Quad-Base, Dual-Full)
・3点のTTL Aux. I/O
・2点のLVDS Aux.入力
・1点のLVDS Aux.出力
・2点のフォトカプラ入力
【追加オプション】(Dual-Base, Quad-Base)
・3点のTTL Aux. I/O
・2点のLVDS Aux.入力
・1点のLVDS Aux.出力
・2点のフォトカプラー入力
○4逓倍ロータリエンコーダー対応
認定 FCC class A、CE class A、RoHS対応
サイズ 167.6 × 111.1 × 18.7mm
動作環境 動作温度:0℃~55℃

製品ラインナップ一覧

シリーズ名 型式 仕様
Radient eV-CL RAD EV 5M CLDB CameraLink Base 2ch、PCIe 2.1 x4、512MB DDR SDRAM
RAD EV 5M CLSF CameraLink Single 1ch、PCIe 2.1 x4、512MB DDR SDRAM
RAD EV 1G CLDB CameraLink Base 2ch、PCIe 2.1 x8、1GB DDR SDRAM
RAD EV 1G CLSF CameraLink Full 1ch、PCIe 2.1 x8、1GB DDR SDRAM
RAD EV 1G CLQB CameraLink Base 4ch、PCIe 2.1 x8、1GB DDR SDRAM
RAD EV 1G CLDF CameraLink Full 2ch、PCIe 2.1 x8、1GB DDR SDRAM

価格はお問い合わせください