• 次世代伝送規格「CoaxPress」で高速大容量画像の取り込みを実現
  • 価格:オープン

RoHS

製品の特徴

Radient eV-CXPは、CoaXPress規格(6.25Gbps)に対応した高機能フレームグラバーです。4ch使用で最大25Gbpsの高速大容量取り込みに対応します。入力インターフェースに採用されている次世代伝送規格のCoaXPressは、Camera Linkの高速性とGigE Visionの転送距離(ケーブル長)を兼ね備え、映像信号、制御信号、電源を同軸ケーブル1本で実現します。またベイヤー変換、LUT輝度変換、カラー変換を標準搭載し、オンボードで実行することでシステムのCPUの負荷を軽減します。


○同軸ケーブル1本で画像、制御、電源を転送

○1系統で最大6.25Gbps、4系統で最大25Gbpsの高速大容量画像転送が可能

○画像バッファーとして1GBのSDRAMを標準搭載

○エンコーダー入力による制御が可能

○オンボード処理によるベイヤー変換やカラー変換、LUT処理が可能

○PCIe 2.0 x8

○最大ケーブル長:130m

○Microsoft Windows XP SP3(32bit)/7(32/64bit)/8(32/64bit)、Linux(32/64bit)対応

○エリア/ラインスキャンカメラ対応


製品仕様

ハードウェア ○PCIe x8用のハーフサイズボード
○1/2/4GB のDDR3 SDRAM を搭載
○CoaXPress(CXP)対応 – CXP(最大6.25Gbps/s)x4
○BNCコネクター
○Power over CXP(PoCXP) with Safe Power(最大13W)
○自動リンク速度検出
○リンク状態のLEDインジケーター
○エリアカメラ・ラインカメラ対応
○オンボード画像再構築
○オンボードカラー変換
・入力フォーマット
 モノクロ/ ベイヤー(8/16bit)、RGBパックド(24/48bit)
・出力フォーマット
 モノクロ(8/16bit)、RGBパックド(24/48bit)、RGBプラナー(24/48bit)、YUV(16bit)、YCbCr(16bit)、RGBa(32bit)
○オンボード Look-up-tables(LUT)
・8/10/12 ビット対応
○オンボードベイヤー変換
・GB、BG、GR、RG パターン対応
○DBHD-15オスGPIOコネクター
・3点のTTL Aux. I/O
・2点のLVDS Aux. 入力
・1点のLVDS Aux. 出力
・2点のフォトカプラー
○ロータリーエンコーダー対応
認定 FCC class A、CE class A、RoHS対応
サイズ 167.0 × 111.1 × 18.7mm
動作環境 ・動作温度:0℃~55℃(32°F~131°F)・相対湿度:最高95%(結露無きこと)

製品ラインナップ一覧

シリーズ名 型式
Radient eV-CXP RAD EV 1G 4C6
RADACCPAK01

価格はお問い合わせください