• CoaxPress 2.0をサポートする次世代フレームグラバーボード
  • 価格:オープン

RoHS

製品の特徴

Matrox Rapixo(ラピクシオ)CXPは、コスト重視のアプリケーション用エントリーレベルモデルから、柔軟かつ高速撮像を求めるハイレベル向けまで、幅広く対応することができるフレームグラバーボードです。CoaxPressカメラから高レートで撮像も可能で、FPGAの搭載によりCPUの負荷を軽減することも可能です。


○ 最大4台のCoaxPressカメラから高レートで撮像
○ 画像処理のオンボードFPGAによりCPU負荷を軽減
○ Matrox FPGA Development Kit(FDK)によりFPGA処理をカスタム可能
○ チャンネルごとにAux.I/O搭載で外部機器と接続
○ PoCXP対応によりケーブル配線が容易
○ MIL SDKによりアプリケーション開発を効率化


製品仕様

ハードウェア ○PCIe 2.1/3.1 x4/x8
○CXP Version 2.0
○1.25/2.5/3.125/5/6.25/10/12.5Gbps(CXP-1,2,3,5,6,10,12)
○高密度BNC
○PoCXP対応(6ピンコネクターから供給)
○DDR4 SDRAM 1/4/8GB
○8/10/12bit対応
○オンボードベイヤー変換(GB,BG,GR,RG)
○オンボードカラー変換
・入力:モノクロ(8/16bit)、ベイヤー(8/16bit)、パックドBGR(24/48bit)
・出力:YUV(16bit)、YCbCr(16bit)、BGRa(32bit)
○汎用入出力(チャンネル毎)
・3点のTTL Aux.I/O
・2点のLVDS入力
・1点のLVDS出力
・2点のOpto-Couplers入力(mDPポート x2)
認定 RoHS対応
サイズ 167.6 × 111.2 × 18.71mm
動作環境 動作温度:0℃~55℃
相対湿度:最高95%(結露なきこと)

製品ラインナップ一覧

シリーズ名 型式 仕様
Rapixo CXP RAP 1G 1C12 CXP-12 x 1 ポート、PCIe 2.1 x4、1GB SDRAM
RAP 2G 2C12 CXP-12 x 2 ポート、PCIe 3.1 x4、2GB SDRAM
RAP 4G 4C6 CXP-6 x 4 ポート、PCIe 2.1 x8、4GB SDRAM
RAP 4G 4C12 CXP-12 x 4 ポート、PCIe 3.1 x8、4GB SDRAM
RAP 8G 4C12 P352 CXP-12 x 4 ポート、PCIe 3.1 x8、8GB SDRAM、Xilinx Kintex Ultrascale KU035 FPGA
RAP 8G 4C12 P602 CXP-12 x 4 ポート、PCIe 3.1 x8、8GB SDRAM、Xilinx Kintex Ultrascale KU060 FPGA

価格はお問い合わせください