• 入出力ボード「Matrox Mura MPXシリーズ」のマルチモニター表示を自由に制御できるソフトウェア(日本製)
  • 価格:オープンプライス
  • 型番:JMRLSV1

特長

多様な映像信号を使ったマルチモニター表示を制御

入力ボード「Matrox Mura MPXシリーズ(以下Matrox Mura)」は、HDMI、SL-DVI、RGB/VGA、S-Video、コンポジット、コンポーネント、RGB888(フルカラー)非圧縮など、様々な映像信号の入出力に対応し、フルHD出力をサポートします。1枚で最大4面に表示し、複数枚を組み合わせてさらに出力を増やすことも可能です。制御ソフト「J-Murals」はこの「Matrox Mura」と併用して最大8面までのマルチモニタ表示を自在に制御するソフトウェアです。


目的に合わせた柔軟なマルチモニター出力が可能

ソフトウェア「J-Murals」と入出力ボード「Matrox Mura」をPCに組込んで、カメラやレコーダー、PCなどからの映像を入出し、制御できるため、目的に合わせたビデオウォールコントローラーやデジタルサイネージシステム、マルチモニター対応マトリックススイッチャをPCベースで柔軟に構築できます。


ネットワーク利用で遠隔コントロールが可能

「J-Murals」をインストールしたPCから、ネットワーク経由で「Matrox Mura」を搭載したシステムをコントロールできます。


レイアウト制御や拡大・回転表示などが自在

映像の表示位置を自在に変更することができ、映像の切り出し、拡大表示や、回転(90度、180度、270度に回転)表示が可能です。


映像ソースにキャプションを重ねて表示

入力した映像ソースにキャプション(ソース名)を重ねて表示することができます。キャプションは映像の左上に表示されますが、表示しないことも可能です。


シーンに応じて設定できるプリセット制御

レイアウト等をあらかじめ設定しておき、シーンに応じて使用できます。


様々な分野のビデオウォールシステムに最適な柔軟性

デジタルサイネージ、セキュリティ監視、交通管制、ブロードキャスティングなどの各種ビデオウォールシステムに最適です。

 

例) 空港の離発着案内用システム
例) 交通監視センターシステム

 

例) ショッピングモールのインフォメーション表示システム


動作環境

J-Murals 制御PC

操作PCからの指示に従い、Matrox Mura MPXグラフィックボードを制御し、モニターへの画面表示を行います。

OS Windows 7(64bit)
CPU Intel Xeon 2.0GHz以上
メモリ 4GB以上
ストレージ HDD 10GB以上
ソフトウェア必須環境 .NET Framework 3.5 SP1
その他
  • ・Matrox社製 Mura MPXボード搭載
  • ・LAN搭載

 

J-Murals 操作PC

制御PCで表示するモニタ上のウインドウ配置などを操作します。

OS Windows XP SP3(32bit)、Windows 7(32bit)、Windows 7(64bit)
CPU Core 2 Duo 2.2GHz以上
メモリ Windows XP 2GB以上、 Windows 7 4GB以上
ストレージ HDD 10GB以上
ソフトウェア必須環境 .NET Framework 3.5 SP1
その他
  • ・LAN搭載
  • ・ディスプレイ解像度SXGA以上