• ローカルネットワークに接続してHDMI、RS-232C、IR信号を最長100m延長可能
  • 価格: オープン

RoHS

特長

ローカルネットワークに接続してHDMI、RS-232C、リモコン信号を最長100m延長

LANケーブル1本でHDMI、RS-232C、リモコン信号を最長100mの延長が可能。
ネットワークHubを経由して延長も可能です。(多段接続時は、最長500mの延長が可能)
1対1、1対多、多対1、多対多での通信ができます


マルチキャスト配信にも対応

複数の送信器、受信器を同一ネットワーク内で接続することで、マルチキャスト配信、マトリックス出力が可能です(送信器は最大5台、受信器は最大64台設置可能)


簡単セットアップ

送信器と受信器のフロントパネルボタンを押して、チャンネルを揃えるだけの簡単設定です


任意のIPアドレス設定可能

専用アプリケーションまたはネットワーク接続したコンピューターのブラウザーを使用して、任意のIPアドレスを本機に設定することが可能です


フルHD解像度対応

480p、720p、1080i、1080pの解像度に対応します


ビットレート変更可能

送信器に入力した映像をエンコードする際のビットレートを15Mbpsまでの範囲で変更が可能です
(実使用帯域は、1.5Mbps~15Mbpsになります)


BrightSignを受信器として使用可能

送信器で伝送した映像をデジタルサイネージプレーヤー『BrightSign(ブライトサイン)』で受信して表示することができます。マルチキャスト配信にも対応します

BrightSign対応機種

BrightSign HD3シリーズ(BS/HD223、BS/HD1023)BrightSign XD3シリーズ(BS/XD233、BS/XD1033)BrightSign XT3シリーズ(BS/XT243、BS/XT1143)

BrightSignを受信器として使用する場合、HDCPには対応しません。映像ソースがHDCP対応の場合、受信器(SB-6800RまたはSB-6802R)をご利用ください。


BrightSignと組み合わせたマルチストリーミングビュー

送信器を複数台とBrightSign XTシリーズを組合わせてマルチストリーミングビューのシステムを構築できます。
BrightSignのモザイク機能を使うことで、4つのソースを同時にデコードして1画面にマルチ表示することが可能です


マウンター付属

本機の側面に取付可能なマウンターと取り付けネジが付属し、壁面などに固定できます


電源コネクター部ロック機構

本機コネクター部のロック機構により、ACアダプターの抜け落ちを防止します


接続図

ケース1:SB-6800T(送信器)とSB-6800R(受信器)をLANケーブルで接続した場合、最長100m可能

画像をクリックすると拡大します

 

ケース2:ネットワークHubに接続して送信器と受信器を繋ぐ場合、各機器間100mまで延長可能

 

画像をクリックすると拡大します

 

ケース3:ネットワークHubに接続して複数の受信器を繋いで分配・延長可能(最大64分配)

 

画像をクリックすると拡大します

 

ケース4:ネットワークHubを5段階まで多段接続することで、最長500m延長可能

 

画像をクリックすると拡大します

 

ケース5:SB-6802R(中継器)を使った数珠繋ぎによる多段接続

 

画像をクリックすると拡大します


製品仕様

型番 SB-6800T SB-6800R SB-6802R
種類 送信器 受信器 中継器・受信器
延長信号 HDMI、RS-232C、IR
伝送方式 TCP/IP
エンコード方式 H.264
入力端子 HDMIタイプAメス x 1
電源ジャック x 1
RJ45x 1
リモコン用ジャック x1
電源ジャック x 1
リモコン用ジャック x1
電源ジャック x 1
出力端子 RJ45x 1
リモコン用ジャック x2
HDMIタイプAメス x 1
HDMIタイプAメス x 1
リモコン用ジャック x1
HDMIタイプAメス x 1
リモコン用ジャック x1
入出力端子 RS-232 IO x1
FWアップデート用USB端子 x1
RS-232 IO x1
FWアップデート用USB端子 x1
RJ45x 2(1入力1出力、
2入力、または1入力)
RS-232 IO x1
FWアップデート用USB端子
x1
HDMI規格 HDMI1.4準拠
HDCPコンテンツ 再生可(HDCP2.2は不可)
CEC 非対応
同一ネットワーク内
最大接続台数
5 64 64
伝送距離 最長100m (送信器⇔受信器,送信器⇔Hub,受信器⇔Hub,Hub⇔Hub間)
最長500m(多段接続時)
対応LANケーブル CAT6A(推奨)
CAT5e/CAT6/CAT7
IR帯域幅 38KHz
動作環境温度/
保管環境温度
0~38℃/-20~60℃
動作環境湿度/
保管環境湿度
10~80%(結露なきこと)
対応解像度 480p、720p、1080i、1080p
送受信間 信号遅延 1秒以下
電源 DC12V、3A DC12V、3A DC12V、3A
最大消費電力 5W 4W 4W
認証 CE、FCC、REACH、RoHS
外形寸法 幅130mm ×高さ21mm × 奥行き131mm(突起物含まず)
重量 492g 484g 484g
製品保証期間 1年

1対1、1対多の接続には、ギガビットイーサネットワークHubが必要です。多対1、多対多の接続には、IGMP対応ギガビットイーサネットワークHubが必要です。
送信器・受信器と同一ネットワーク内に他のネットワーク機器を接続するには、IGMP対応ギガビットイーサネットワークHubが必要です


パネル

SB-6800T

フロント
  1. Power LED:電源が入ると青く点灯します。
  2. Link LED:LANケーブルが接続され、通信を行っている場合に青く点灯します。
  3. Channel LED:チャンネル設定モードが選択されている場合に点灯します。
  4. RS232 LED:RS232通信のボーレート設定モードが選択されている場合に点灯します。
  5. Resetボタン:工場出荷時の設定にリセットします。
  6. Selectボタン:チャンネル設定モードとボーレート設定モードを切り替えます。
  7. IP Channel LCD:現在のチャンネル、または設定時に選択中のチャンネル、ボーレートを表示します。
  8. UPボタン:チャンネル、ボーレートの値を変更する際に使用します。
  9. Downボタン:チャンネル、ボーレートの値を変更する際に使用します。
  10. Lockボタン:3秒間押し続けることでボタン操作をロックすることができます。ロック中はLCDにLxx(xxはチャンネル)と
    表示されます。ロック中に3秒間押し続けるとロックを解除します。
  11. Enterボタン:チャンネル、ボーレートの設定を決定する際に使用します。
  12. IR受信部:リモコンの受信部です。

 

リア
  1. DC 12V in:付属のACアダプターを接続します。
  2. LAN:送信器の出力ポートになります。LANケーブルで映像信号を受信器に伝送します。
  3. IR Out:付属のリモコン送信用ケーブルを接続します。受信器から送られてきたソース機器をコントロール
    するための信号を出力します。
  4. RS232 I/O:入力したRS232コマンドを受信器に送ります。
  5. IR Ext.:付属のリモコン受信用ケーブルを接続します。リモコン受信部を外部に延長します。
  6. FW Update:ファームウェア・アップデート時にRS232 F/Wアップデートケーブルを接続します。
  7. HDMI Loopout:入力したソース機器からの映像信号をループアウトします。
  8. HDMI INPUT:ソース機器からの映像信号を入力します。

 

SB-6800R

フロント
  1. Power LED:電源が入ると青く点灯します。
  2. Link LED:LANケーブルが接続され、通信を行っている場合に青く点灯します。
  3. Channel LED:チャンネル設定モードが選択されている場合に点灯します。
  4. RS232 LED:RS232通信のボーレート設定モードが選択されている場合に点灯します。
  5. Resetボタン:工場出荷時の設定にリセットします。
  6. Selectボタン:チャンネル設定モードとボーレート設定モードを切り替えます。
  7. IP Channel LCD:現在のチャンネル、または設定時に選択中のチャンネル、ボーレートを表示します。
  8. UPボタン:チャンネル、ボーレートの値を変更する際に使用します。
  9. Downボタン:チャンネル、ボーレートの値を変更する際に使用します。
  10. Lockボタン:3秒間押し続けることでボタン操作をロックすることができます。ロック中はLCDにLxx(xxはチャンネル)と
    表示されます。ロック中に3秒間押し続けるとロックを解除します。
  11. Enterボタン:チャンネル、ボーレートの設定を決定する際に使用します。
  12. IR受信部:リモコンの受信部です。

 

リア
  1. DC 12V in:付属のACアダプターを接続します。
  2. LAN:受信器の入力ポートになります。LANケーブルを接続し、送信器からの映像信号を入力します。
  3. HDMI OUTPUT:送信器から伝送された映像をHDMI出力します。
  4. IR in:付属のリモコン受信用ケーブルを接続します。ソース機器をコントロールするためのリモコン信号を入力し、送信器に
    伝送します。
  5. RS232 I/O:送信器から伝送されたRS232コマンドを出力します。
  6. IR Ext.:付属のリモコン受信用ケーブルを接続します。リモコン受信部を外部に延長します。
  7. FW Update:ファームウェア・アップデート時にRS232 F/Wアップデートケーブルを接続します。

 

SB-6802R

フロント
  1. Power LED:電源が入ると青く点灯します。
  2. Channel LED:チャンネル設定モードが選択されている場合に点灯します。
  3. RS232 LED:RS232通信のボーレート設定モードが選択されている場合に点灯します。
  4. Resetボタン:工場出荷時の設定にリセットします。
  5. Selectボタン:チャンネル設定モードとボーレート設定モードを切り替えます。
  6. IP Channel LCD:現在のチャンネル、または設定時に選択中のチャンネル、ボーレートを表示します。
  7. UPボタン:チャンネル、ボーレートの値を変更する際に使用します。
  8. Downボタン:チャンネル、ボーレートの値を変更する際に使用します。
  9. Lockボタン:3秒間押し続けることでボタン操作をロックすることができます。ロック中はLCDにLxx(xxはチャンネル)と表示されます。ロック中に3秒間押し続けるとロックを解除します。
  10. Enterボタン:チャンネル、ボーレートの設定を決定する際に使用します。
  11. IR受信部:リモコンの受信部です。

 

リア
  1. DC 12V in:付属のACアダプターを接続します。
  2. LAN:映像信号の入出力ポートになります。LANケーブルを接続し、送信器からの映像信号を入力、または受信器へ映像信号を出力します。
  3. HDMI OUTPUT:送信器から伝送された映像をHDMI出力します。
  4. IR in:付属のリモコン受信用ケーブルを接続します。ソース機器をコントロールするためのリモコン信号を入力し、送信器に伝送します。
  5. RS232 I/O:送信器から伝送されたRS232コマンドを出力します。
  6. IR Ext.:付属のリモコン受信用ケーブルを接続します。リモコン受信部を外部に延長します。
  7. FW Update:ファームウェア・アップデート時にRS232 F/Wアップデートケーブルを接続します。

ラインナップ

製品名 型番 JAN
IP伝送HDMI送信器 SB-6800T 4718091680006
IP伝送HDMI受信器 SB-6800R 4718091680013
IP伝送 中継機能付き HDMI受信器 SB-6802R 4718091680204

オプション

製品画像 製品名 製品概要
4KプレミアムHDMIケーブル(パッシブ)
(型番:PHAM/PE0*M)※*は長さ(例:3mの場合、PHAM/PE03M)
4K@60Hz(4:4:4)対応、18Gbpsの高速伝送に対応
長さ:1m/2m/3m
外径:6mm(1m、2m)、7.3mm(3m)
ジャケットカラー:ブラック