• クラウド環境でのリモートプロダクションを実現
  • 4K映像入力対応 (ST2110及び12G SDI)
  • 最大解像度 3840×2160 (4:4:4@10ビット)エンコードに対応
  • 3G SDI 4系統同時エンコード可能

RoHS

Matrox Monarch EDGE

Matrox Monarch EDGEは、最大解像度 3840×2160(4:4:4@10ビット)対応するブロードキャスト向けのマルチチャンネルH.264エンコーダです。
コンパクトなハーフラック(1U)サイズと共に低消費電力も実現。遠隔操作での4K映像のキャプチャとエンコードを可能にします。

MatroxのMonarchエンコーダ・シリーズの中でもMatrox Monarch EDGEはST2110規格の映像入力にも対応。
最適化されたH.264コーデックにより、品質を犠牲にすること無く、データーレートを低く抑えることが可能です。

専用アプリケーションにより、1台から複数に渡るMatrox Monarch EDGEを制御可能。
また、Web環境での既存の映像配信アプリケーションやクラウドサービス向けにカスタマイズの為の柔軟なAPIを提供します。


製品仕様
製品名 Monarch EDGE
圧縮形式
コーデック ・ビデオ:H.264/MPEG-4 Part10 (AVC)
・オーディオ:MPEG4 AAC-LC/HE v 1/HE v 2
ビットレート(ストリーム単位) ビデオ: 最大 150 Mbps (IBP), 500 Mbps (I frame)
オーディオ: 32~256 Kbps
クロマサブ・サンプリング 4:2:2 (8-bit and 10-bit)
4:2:0 (8-bit and 10-bit)
エンコーディングレベル 5.2まで
プロファイル High 4:2:2 Profile (Hi422P)まで
遅延時間  最小エンコード時間 50ms  (ネットワーク転送時間・デコード時間は含まず)
ストリーミングプロトコル
対応プロトコル MPEG2.TS、RTSP/RTP、RTMP、SRT
ネットワーク
ネットワークポート GbE x 2ポート
SFP28 ケージ x 2  (10GbE, 25GbE モジュール対応)
※SFPモジュールは付属していません。
設定管理
アクセス方法 RESTful HTTP API
操作方法 操作ボタン 及び 液晶モニタ(設定確認用)
モニタリング出力 DisplayPort x 1 (HD解像度のみ)
VANC アンシラリーデータ
対応形式 クローズドキャプション(CC)   VANC プロセッシング CEA-608/708
VITC (RP-188)
HDR及びクロマ・メタデータ
タリー信号入出力
タリー信号 カメラへのタリー信号出力 x 8系統
15ピンD-SUB コネクタ
接続形式
入力コネクタ 12G SDI (ST 2082) x 1系統
3G SDI (SMPTE 425) x 3系統i
3G SDI 4系統による4K(UHD)入力対応 (SMPTE ST 425-5)
(スクエアディビジョン、2サンプルインタリーブ)
SFP 28 ネットワークポート x 2系統 (25Gbpsまで対応)
(3Gbps x4系統 または 12Gbps x1系統キャプチャ可能)
4K@60p IP伝送対応 (SMPTE ST 2110 及び SMPTE ST 2022)
解像度  3840 x 2160p (25, 29.97, 50, 59.94, 60 fps)
1920 x 1080p  (25, 29.97, 50, 59.94, 60 fps)
1920 x 1080i (25, 29.97, 30 fps)
720p (50, 59.94, 60 fps)
同期(ゲンロック) 2値ゲンロッ出力
2値l または 3値l ゲンロック入力
デジタル・オーディオ 8チャンネル・エンベデッドオーディオ(SDI入力)
アナログ・オーディオ 2チャンネル・バランス入力(XLRコネクタ)
2チャンネル・バランス出力 (XLRコネクタ)
オーディオ・エンコーディング ステレオPCM (非圧縮)

構成例