• クラウド環境でのリモートプロダクションを実現
  • 4K映像入力対応  ST2110及び12G SDI (順次対応予定)
  • 最大解像度 3840×2160 (4:2:2@10ビット)エンコードに対応
  • 3G SDI 4系統同時エンコード可能 (HDMI入力対応モデルはこちら

RoHS

Matrox Monarch EDGE

Matrox Monarch EDGEは、最大解像度 3840×2160(4:2:2@10ビット)に対応するブロードキャスト向けのマルチチャンネルH.264エンコーダです。コンパクトなハーフラック(1U)サイズと共に低消費電力も実現。遠隔操作での4K映像のキャプチャとエンコードを可能にします。

MatroxのMonarchエンコーダ・シリーズの中でもMatrox Monarch EDGEはST2110規格の映像入力にも対応予定。最適化されたH.264コーデックにより、品質を犠牲にすること無く、データーレートを低く抑えることが可能です。

専用アプリケーションにより、1台から複数に渡るMatrox Monarch EDGEを制御可能。また、Web環境での既存の映像配信アプリケーションやクラウドサービス向けにカスタマイズの為の柔軟なAPIを提供します。

 


特長

  • オリジナルのクオリティをどの様なスクリーンにも配信

    オリジナルのクオリティをどの様なスクリーンにも配信

    4Kでのライブイベントの映像制作やライブ配信のビジネスは拡大し、世界中の家庭で高速インターネット回線により、4Kテレビでコンテンツを楽しむのが当たり前となっています。この様な中、コンテンツプロバイダーは視聴環境ごとに最適な画質での映像配信を求められています。
    Monarch EDGEによって高いフレームレート(50または60Hz)の4K映像をエンコードすることで、最高の4K映像体験を視聴者に提供出来ます。

  • あらゆるアングルからの映像を配信

    あらゆるアングルからの映像を配信

    Monarch EDGEは、4つの独立したHD入力映像を、別々かつ同時に複数ストリーム配信出来る高密度エンコードプラットフォームです。
    YouTubeが提供するマルチカメライベントサポートなど、今日の技術革新により、視聴者はメインカメラ、サブカメラからの様々なアングルで好みの映像を選択することが出来ます。

  • 映像サービスを横断して同時公開も可能

    映像サービスを横断して同時公開も可能

    Monarch EDGEの強力なエンコーディングエンジンは、各入力の映像を複数の映像配信サービスに同時にストリーミング可能です。
    例えば、YouTube、Facebook、Vimeo、LinkedInなどの映像配信サービスなど最大16箇所に同時にストリーミングをアップロード出来ます。これらのサービスのユーザーが、今までになく多くの視聴者に映像を届ける機会を拡大します。

  • 妥協のないH.264クオリティ

    妥協のないH.264クオリティ

    Monarch EDGEは独自のコーデック・エンジンの搭載により、データレートを非常に低く保ちながら、画質を犠牲にすることなく遅延を最小限に抑えます。また、Monarch EDGEは入力ごとに独立したエンコード処理を行い、同一あるいは複数の配信先へのストリーミング配信を構成出来ます。
    強力なエンジンによるスケーリングやデ・インタレーサーにより、オリジナルのクオリティを反映した映像・音声のエンコードを可能にします。

  • 柔軟なプロトコル対応

    柔軟なプロトコル対応

    Monarch EDGEは様々なストリーミングプロトコルに対応可能です。Facebook LiveやYouTubeなどのソーシャルメディアプラットフォームにはRTMPをサポート。
    また、配信の信頼性を維持しながら低遅延を実現するSRTにも、いち早く対応しました。
    ローカルネットワーク配信にはMPEG-TS、RTSPで配信も可能です。これらのプロトコルを複数の組み合わせて同時に使用出来ます。

  • 様々な接続に対応

    様々な接続に対応

    Monarch EDGEエンコーダーとデコーダーはフレキシブルな接続を提供します。継続性の点から3G、12G SDIだけではなく、将来に普及が期待されるST2110(25Gbps)での伝送にも対応予定。
    入力は自動検出可能で、ビデオカメラ、ビデオスイッチャー、ビジョンミキサー、ルーターなど幅広いデバイスとの接続を実現します。
    さらに、ビデオ入力ごとに2チャンネルのエンベデッドオーディオやXLRコネクターからオーディオを選択出来ます。

  • 一元管理による利便性

    一元管理による利便性

    Monarch EDGEをネットワーク上からリモート管理する専用アプリケーション Monarch EDGE Con​​trol Hubを無償提供。
    このソフトウェアにより、管理者(認証ユーザー)はネットワーク上の全てのMonarch EDGEデバイスの完全なコントロールを可能にします。簡単で使い易いユーザーインターフェースを提供します。

  • ローカルでのプレビュー機能搭載

    ローカルでのプレビュー機能搭載

    最大で4つの映像入力を外部モニタ1台に4分割表示としてプレビュー出来ます。(Display Port 出力)外部からの映像が入力されると、直ぐにプレビュー出力します。
    Monarch EDGE Con​​trol Hubの設定で、オーディオのプレビューも設定可能。4つの入力映像のエンベデット音声から1つ選択、あるいはミュートに設定可能。


Webキャスティング用途例

4K WEBキャスティング
4Kでのライブイベントの制作と配信は普及段階となり、世界中の家庭には4K対応テレビや高速インターネットが当たり前となりつつあります。
ネット映像配信サービスは、4Kテレビ向けには4K映像コンテンツを配信し、スマートフォンなどの端末にはダウンスケーリングしたHD映像コンテンツを自動的に最適化して配信します。Monarch EDGEは、高フレームレートで4K映像を配信サーバーに送信し、どの様な受信環境でもオリジナル映像のクオリティを体験出来る映像を提供します。
HDマルチWebキャスティング
4つのビデオカメラからの映像を独立して1080pでエンコード。YouTubeのサーバーに5Mbpsのストリームとして4本並列に送信します。視聴者は好みのアングルの映像を選択し、自由にカメラワークを行えます。
映像サービスを横断して同時公開
Monarch EDGEの強力なエンコーディングエンジンは、各入力の映像を複数の映像配信サービスに同時にストリーミング可能です。
例えば、YouTube、Facebook、Vimeo、LinkedInなどの映像配信サービスなど最大16箇所に同時にストリーミング映像をアップロード出来ます。これらのサービスの利用者が、今までにない多くの視聴者に映像を届ける機会を拡大します。

リモートプロダクション(コントリビューション)用途例

リモートプロダクション(REMI)
現場での撮影費用を最小限に抑え、スタッフのリソースをスタジオ側に集中することでライブでのマルチカメライベントを構築します。Monarch EDGEは、IPを通して現場の高品質のカメラ映像を取り込み、スタジオのプロダクションシステムに映像を伝送します。放送局は、自社スタジオまたはクラウドベース上の製作システムを活用して、効率的に高品質な番組を制作することが出来ます。
リモートプロダクションでは、現場で必要なスタッフと機器が少なくなり、撮影コストや運搬コストを削減出来ます。
また、スタジオでは、同じスタッフが複数のイベントに対応することを可能にします。
映像伝送(コントリビューション)
Monarchエンコーダーとデコーダーは、最大4Kまたは4つのHD解像度のライブカメラシステムの映像を安定的に配信します。(4:2:2@10bitまたは、4:2:0@8bit)リモートプロダクション(REMI)用途では、社内にスタッフのリソースを集約することで、これまで以上に低コストでライブ番組を制作可能にします。

製品型番/仕様

製品名 Monarch EDGE Encoder 10bit対応 Monarch EDGE Encoder 8bit対応
製品型番 MEDGE/E10/J MEDGE/E8/J
圧縮形式
コーデック ビデオ:H.264/MPEG-4 Part10 (AVC)
オーディオ:AAC-HE/AAC-LC
ビットレート
(ストリーム単位)
ビデオ: 最大 120 Mbps
オーディオ: 32~256 Kbps
クロマサブ・サンプリング 4:2:2 (8-bit and 10-bit)
4:2:0 (8-bit and 10-bit)
4:2:0 (8-bit )
レベル 5.2まで
プロファイル High 4:2:2 Profile (Hi422P)まで
遅延時間 最小エンコード時間 50ms (ネットワーク転送時間・デコード時間は含まず)
ストリーミングプロトコル
対応プロトコル MPEG-2 TS over UDP、RTSP/ native RTP *1、RTMP、SRT
ネットワーク
ネットワークポート 100/1000BaseT(RJ-45) x 2ポート
SFP28(MSA互換) ケージ x 2 (10GbE, 25GbE モジュール対応) *1
SFPモジュールは付属していません。
設定管理
アクセス方法 Monarch EDGE Control Hub (Windowsアプリケーション)RESTful HTTP API *3
操作方法 操作ボタン 及び 液晶モニター(設定確認用)
モニタリング出力 DisplayPort x 1 (HD解像度のみ)
VANC アンシラリーデータ
対応形式 クローズドキャプション(CC)、 VANC プロセッシング、CEA-608/708
VITC (RP-188)
HDR及びクロマ・メタデータ
タリー信号入出力
タリー信号 カメラへのタリー信号出力 x 8系統
15ピンD-SUB コネクタ*1
接続形式
入力コネクター 12G SDI (ST 2082) x 1系統
3G SDI (SMPTE 425) x 3系統
SDI 4系統による4K(UHD)入力対応 (SMPTE ST 425-5)
(スクエアディビジョン、2サンプルインタリーブ *1
SFP 28 ネットワークポート x 2系統 (25Gbpsまで対応) *1
(3Gbps x4系統 または 12Gbps x1系統キャプチャ可能)
4K@60p IP伝送対応
(SMPTE ST 2110-10, -20, -21及び SMPTE ST 2022-7) *1
解像度 3840 x 2160p (50, 59.94, 60 fps)
1920 x 1080p (25 *1, 29.97 *1, 30 *1 , 50, 59.94, 60 fps)
1920 x 1080i (25, 29.97, 30 *1 fps)
720p (50, 59.94, 60 fps)
同期(ゲンロック) 2値 ゲンロック出力
2値 または 3値 ゲンロック入力
デジタル・オーディオ 2チャンネル・エンベデッドオーディオ(SDI入力)
8チャンネル・エンベデッドオーディオ(SDI入力) *1
アナログ・オーディオ 2チャンネル・バランス入力(XLRコネクタ) *2
2チャンネル・バランス出力 (XLRコネクタ) *1 *2
1チャンネル・アンバランス出力(3.5mm TRSコネクタ)
オーディオ・エンコーディング ステレオPCM (圧縮 / 非圧縮 *1
マルチチャンネルオーディオ *1

*1 将来のファームウェア更新で対応予定
*2 専用オーディオケーブル (オプション)の追加で対応
*3 詳しくはこちらにお問い合わ下さい。


ラインナップ

製品名 型番 JAN
Monarch EDGEエンコーダー(10bit版) MEDGE/E10/J 4522686008423
Monarch EDGEエンコーダー(8bit版) MEDGE/E8/J 4522686008683

関連商品 HDMI入力モデル

製品名 型番 JAN
Maevex 6100 Encoder MVX-E6100-4 4522686007419
Maevex 6150 Encoder MVX-E6150-4 4522686007426
Maevex 6120 Encoder MVX-E6120-2 4522686008881