• MuxLab AV Over IPシリーズ専用コントローラー
  • 複数の対応製品(送信器・受信器)を一括制御
  • 規模に合わせたビデオウォールシステムの構築が可能
  • 入力画像の分割・拡大・縮小表示の設定
  • タブレット、スマートフォン、コントロールパネルから画面制御
  • 価格:オープン

RoHS

製品概要

本機は、MuxLab AV Over IPシリーズ専用のコントローラーです。ネットワーク接続したコンピューターのブラウザーで本機のWebインターフェースにアクセスし、ネットワーク内のビデオウォール対応製品を検出し、各種の設定、制御を行うことができます。また複数の対応製品(送信器、受信器)と組み合わせることで、送信器に入力した映像を、複数のディスプレイを跨いで表示するなど、多彩なビデオウォール表示が可能になります。Webブラウザー・タブレット・コントロールパネルから画面制御を行うことができます。


製品ラインナップ|対応製品

製品名 型番 JAN
MuxLab ネットワークコントローラー MUX-CM500812 4522686009246

 

対応製品

製品名 型番 JAN
4K対応IP伝送HDMI送信器 MUX-EVH500764-TX 4522686009253
IP伝送HDMI送信器 MUX-EVH500762-TX 4522686007136
IP伝送HDMI受信器 MUX-EVH500762-RX 4522686007129
PoE対応8ボタン コントロールパネル MUX-CM500816-IP 4522686008744

製品特長

タブレット・スマートフォンによる画面制御

専用アプリケーション「MuxLabControl」により、iOS/Android対応タブレットやスマートフォンで、本機にプリセットした表示レイアウトを選択し、画面表示を切り替えられます。また、ビジュアルモードを使用して、実際の設置場所の図面や写真を取り込み、その上に接続機器のアイコンを配置することで、直感的かつ簡単に接続設定やビデオウォール設定を行えます。接続する端末台数に制限はありません。あらゆる場所から、複数のスタッフによるリモート管理が可能です。

タブレットやスマートフォンとWiFi接続するためには、別途WiFiルーターが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コントロールパネルによる画面制御

別売コントロールパネル(MUX-CM500816-IP)からネットワークを経由し、本機にプリセットした表示レイアウトを選択することができます。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


主な機能

  • 拡大表示

    クリックで拡大

    入力画像を複数の画面に跨いで表示する設定ができます。

  • 縮小表示

    クリックで拡大

    入力画像を縮小し、ピクチャーインピクチャー表示する設定ができます。

  • 画面またぎ

    クリックで拡大

    映像ソースを重ね、かつ複数の画面を跨いで表示する設定ができます。

  • プリセット登録&呼び出し

    クリックで拡大

    単画面表示、入力画像を複数の画面に跨いで表示などの多彩な表示レイアウトを最大20個プリセット登録できます。ブラウザー・タブレット・別売コントロールパネル(型番:MUX-CM500816-IP)などから本機に登録したプリセットを呼び出すことができます。

  • プレビュー

    クリックで拡大

    Webブラウザー上で、受信器から出力されている映像をプレビューできるため、遠隔地から出力映像の確認が可能です。


製品仕様

型番 MUX-CM500812
JANコード 4522686009246
ディスプレイ出力 HDMI or VGA(最大解像度1920×1200)
I/O DC入力、LANポート x2、オーディオ入力、オーディオ出力、RS232ポート、USB2.0 x3、USB3.0 x1
動作環境温度 0~50℃
動作環境湿度 10~90%
電源 DC12V/2A
認証 CE、FCC、RoHS、WEEE
外形寸法(幅x高さx奥行) 133mm ×35mm × 127mm(突起物含まず)
重量 715g
製品保証期間 2年

製品画像

フロントパネル

オーディオ入力 現時点では使用しません。
USB3.0端子 現時点では使用しません。USBからの給電は行わないでください。
USB2.0端子 現時点では使用しません。USBからの給電は行わないでください。
RS-232 現時点では使用しません。
Power LED 通電後はledが緑点灯し、本機が自動的に起動します。
電源ボタン 起動後に長押しすると本機がシャットダウンします。

 


リアパネル

DC入力 付属のACアダプターを接続します。
HDMI FW更新時、IPアドレス確認時に使用します。
VGA FW更新時、IPアドレス確認時に使用します。
LAN1ポート LANケーブルで他のMuxLab製品と同一のネットワークHubに接続します。
LAN2ポート 現時点では使用しません。
オーディオ出力 現時点では使用しません。