• 4K入出力対応
  • 幾何学補正機能搭載
  • 最大4系統入力の画面分割が可能
  • 入力映像の分割出力、オーバーラップ機能搭載
  • リモコン、RS-232、USB、ネットワーク経由による外部制御

RoHS

 

 

 

製品概要

UD101Lは、4K入出力に対応した幾何学補正ビデオプロセッサーです。本機をプロジェクターとソース機器の間に設置し、入力画像の台形補正・曲面投写補正などを行うことができます。

本機を併用することで、あらゆる4Kプロジェクターの設置自由度を高めることができます。また、最大4系統入力を1画面へ分割するマルチビュー表示にも対応します。


製品ラインナップ

製品名 型番 JAN
4K入出力 幾何学補正プロセッサー UD101L 4710495240282

特長

4K出力対応

あらゆる4Kプロジェクターで、高度な幾何学補正が可能です。

ユーザビリティの向上

WUXGA出力モデルのG116(専用ソフトウェア:GWarps3)に比べて、幾何学補正設定データの保存手順がシンプルで使いやすくなりました。
UD101Lを含むUD100シリーズの専用ソフトウェア「GCT(GeoBox Control Tool)」は、GeoBox本体で設定した幾何学補正データを再編成できます。また、G116では煩雑であった幾何学補正データをGeoBox本体へ保存する手順が、「GCT」により非常にシンプルで簡易的になりました。
さらに、設定可能な幾何学補正の最大ポイント数がGeoBox本体と「GCT」で同一となったため、曲面スクリーンを使用する場合でも、GeoBox本体で幾何学補正設定の微調整が可能です。


主な機能

  • 幾何学ひずみ補正

    クリックで拡大

    投写エリアに幾何学補正の起点となるポイントを最大153点(17×9)表示させて制御し、フラットではないスクリーンへの投写を実現します。また、直線的に調整するリニアリティ補正にも対応します。

  • コーナー補正

    クリックで拡大

    コーナーのある壁面などの投射対象物に対して、プロジェクター1台で投写できます。
    コーナー補正が有効な場合は、幾何学補正(ポイント&リニアリティ補正値)は無効になります。

  • 画面分割

    クリックで拡大

    最大4つの入力ソースを1つの画面に分割して表示ができます。表示レイアウトは10種類のプリセットから選択します。

  • 入力画像のクリッピング

    クリックで拡大

    入力画像の任意のエリアをクリッピングすることができます。

  • 回転表示

    クリックで拡大

    出力先ごとにオリジナル映像の回転が可能

  • 反転表示

    クリックで拡大

    出力先ごとにオリジナル映像の反転(左右、上下、左右+上下)表示が可能

  • 入出力パターンのメモリー機能

    クリックで拡大

    最大10通りの入出力パターンを記憶し、それらパターンを呼出して表示が可能です。

  • 多段接続

    クリックで拡大

    本機を多段接続し多面表示できます。

  • 4K2K@60Hz / 8K2K@30Hz入力

    クリックで拡大

    4K2K/60Hz(3840×2160、4096×2160、3840×2400)や8K/30Hz(7680×2160、7680×1200)入力に対応

  • 専用ソフトウェア GCT

    クリックで拡大

    専用アプリケーションソフト 「GCT(GeoBox Control Tool)」をインストールしたパソコンからUSBまたはネットワーク経由で、本機の各種設定、設定値の保存・呼出、リブート・IN/OUTのリアルタイムステータス監視、ファームウェアのアップデートを行うことができます。


製品仕様

型番 UD101L
入力端子 HDMI2.0b 3
DisplayPort1.4 1
電源ジャック 1
出力端子 HDMI2.0 ※1 1
HDMI2.0b
(ループアウト出力)※2
1
制御端子 RS-232×1、3.5mm IR×1、RJ-45×1、USB-B x1
HDCP 入出力:HDCP 1.4/2.2 (HDMI)、HDCP1.3 (DisplayPort)
動作環境温度/保管環境温度 0~40℃/-20~60℃
動作環境湿度/保管環境湿度 10~90%(結露なきこと)
最大
解像度
入力 ※3 【HDMI】7680×2160@30Hz、7680×1200@60Hz、4096×2160@60Hz

【DisplayPort】7680×4320@30Hz

出力  4096×2160@60Hz (18種類の表示解像度から選択可)
色深度(各色)※4 8bit、10bit
入出力 遅延 2フレーム(60Hzの場合、33ms)
電源アダプター最大消費電力 入力:AC100V~240V
出力:DC12V、3.3A/40W
本体最大消費電力 DC12V、1.1A
13.2W
認証 CE、FCC、RoHS
外形寸法(突起物含まず)
幅 x 高さ x 奥行き
303mm x 40mm x 156mm
外形寸法(突起物含む)
幅 x 高さ x 奥行き
303mm x 52mm x 167mm
重量 1.2kg
対応ラックマウントキット  G404300L0010(1U)
製品保証期間 2年

202111月現在

※1 HDMIやDisplayPort入力信号にエンベデッドされた音声は、HDMI出力端子ごとにエンベデッドされ出力します。

※2 HDMIループアウト端子は、HDMI端子に入力したソースをパススルー出力します。HDMI-1のみと連動します。

※3 7680×2160/30Hz、7680×1200/60Hz、7680×4320/30Hz出力可能な機器が必要です。

※4 入出力解像度4K@50/60Hz4:2:2)、(4:4:4) 各色10bitには、対応していません。


製品画像

フロントパネル 

電源オン/オフ スイッチ 電源をオフにすると、その時点の設定を記憶します。電源をオンにすると、電源をオフにした際に記憶した設定で表示します。
IR リモコンの受光部です。
Power LED 本体に電源が入ると緑色に点灯します。リモコン操作のロック中、または本機IDによる排他制御中は緑色に点滅します。Web GUIから電源 OFFを実行すると赤色に点灯します。
Input LED 選択中の入力端子が入力信号を検知した際に緑色に点灯します。
Output LED 出力端子に接続する表示機器との接続確立時に橙色に点灯します。

リアパネル

HDMI-2.0出力端子 表示機器と接続します。
HDMI LOOP OUT端子 ③のHDMI入力端子に入力したHDMI信号をパススルー出力します。1つの入力ソースを2画面以上のマルチ画面構成で表示する場合などに使用します。
HDMI-1入力端子 HDMIソース機器を接続します。
HDMI-2,3入力端子 HDMIソース機器を接続します。②のHDMI LOOP OUT端子とは連動しません。
DP-1入力端子 DisplayPortソース機器を接続します。②のHDMI LOOP OUT端子とは連動しません。
電源ジャック 付属のACアダプターを接続します。
IR Ext リモコン受信部を外部に延長します。
Ethernex端子 専用アプリケーションソフトGCTをインストールしたPC、または外部制御機器とネットワーク接続します。
USB端子 専用アプリケーションソフトGCTをインストールしたPCとUSB接続します。
RS-232端子 RS-232コマンドを入出力します。
Resetボタン 工場出荷状態に初期化します。Resetホールを5秒ほど長押しし、画面に「Reset to Default」と表示されたら離します。本機が自動的に再起動されて、初期化が完了します。

オプション

製品画像 製品名 製品概要
ラックマウントキット(型番:G404300L0010) 1Uスペースにラックマウントできます。

適合機種:UD101L


サポート情報