• 4K/60P(4:4:4)入力対応、N入力N出力モデル
  • 幾何学補正、エッジブレンディング機能搭載
  • ブラックレベル補正、RGB個別ガンマ調整、マスク機能搭載
  • 入力映像の分割出力、オーバーラップ機能搭載
  • 映像回転・反転表示
  • リモコン、RS-232、USB、ネットワーク経由による外部制御
  • HDCP2.2/HDCP1.4対応
  • 価格: オープン

RoHS

 

製品概要

M800シリーズは、4K/60P入力に対応したエッジブレンディングプロセッサーです。

M801(1出力)、M802(2出力)、M803(3出力)、M804(4出力)の4モデルをラインナップ。ハードウェアによるエッジブレンディング、幾何学補正を駆使し、あらゆるプロジェクターでシームレスなマルチプロジェクションを実現します。


製品ラインナップ

  • M801(1出力)

    M801(1出力)

    本機1台で1台のプロジェクターへ出力。本機を複数台、またはM800シリーズ(M802、M803、M804)を組み合わせてマルチプロジェクションが可能

  • M802(2出力)

    M802(2出力)

    本機1台で2台のプロジェクターへ出力

  • M803(3出力)

    M803(3出力)

    本機1台で3台のプロジェクターへ出力

  • M804(4出力)

    M804(4出力)

    本機1台で4台のプロジェクターへ出力。本機を複数台、またはM800シリーズ(M801、M802、M803)を組み合わせて5台以上のマルチプロジェクションも可能


主な機能

  • 入力画像の分割機能

    クリックで拡大

    本機に入力した映像を縦横最大15分割し、任意の部分を出力することができます。

  • オーバーラップの映像生成

    クリックで拡大

    複数のプロジェクターでマルチ画面を投写する場合は、重ね合わせ部分に入力した映像を生成できます。

  • エッジブレンディング

    クリックで拡大

    複数のプロジェクターが投写して重なるエリア(オーバーラップエリア)の光量を水平・垂直方向に調整し、継ぎ目のないマルチプロジェクションを実現します。

  • 幾何学ひずみ補正

    クリックで拡大

    投写エリアに幾何学補正の起点となるポイントを表示させて制御し、フラットではないスクリーンへの投写を実現します。また、直線的に調整するリニアリティ補正にも対応します。

  • コーナー補正

    クリックで拡大

    コーナーのある壁面(90°コーナー、正面&床面などの2面)に対して、プロジェクター1台で投写を実現します。コーナー補正が有効な場合は、幾何学補正(ポイント&リニアリティ補正値)は無効になります。

  • ブラックレベル補正

    プロジェクターの光が重なり合うことで、僅かにブラックが薄くなるオーバーラップエリアの色に合うように、非オーバーラップエリアのブラックレベルを上げて調整します。

  • RGB個別ガンマ補正

    ブレンディングエリアのRGBガンマをR・G・B個別に補正することができます。

  • 回転表示

    クリックで拡大

    出力先ごとにオリジナル映像の回転が可能

  • 反転表示

    クリックで拡大

    出力先ごとにオリジナル映像の反転(左右、上下、左右+上下)表示が可能

  • 入出力パターンのメモリー機能

    クリックで拡大

    最大5通りの入出力パターンを記憶し、それらパターンを呼出して表示が可能です。

  • 多段接続

    クリックで拡大

    エッジブレンディングシリーズの多段接続による多面表示に対応します。

  • 4K2K@60Hz / 8K1K@30Hz入力

    4K2K/60Hz(3840×2160、4096×2160、3840×2400)や8K1K/30Hz(7680×1200、7680×1080)入力に対応

  • PIP(ピクチャー・イン・ピクチャー) 

    任意の2系統入力の映像を重ねて表示できます。

    2系統のHDMIを親画面・子画面の組合せとして選択することはできません。

  • POP(ピクチャー・アウトサイド・ピクチャー)

    任意の2系統入力の映像を上下または左右に並べて表示できます。

    2系統のHDMIを親画面・子画面の組合せとして選択することはできません。

  • 専用ソフトウェア GWarp3

    専用アプリケーションソフト 「GWarp3」をインストールしたパソコンからUSBまたはネットワーク経由で、本機の各種設定、設定値の保存・呼出、リブート・IN/OUTのリアルタイムステータス監視、ファームウェアのアップデートを行うことができます。

    幾何学補正はGWarp3かリモコンのいずれかに操作方法を統一して設定して下さい。設定方法を混在させた場合、正しく幾何学補正のデータが保存されません。


N入力N出力の接続例

接続構成パターン1(N入力N出力)

複数に分割された入力ソースの映像を、各チャンネルにそれぞれ入力することが可能です。

各入力ソースの映像上で用意されたオーバーラップエリアの輝度を調整し、継ぎ目なくマルチスクリーン投写します。

このケースでは、予め各コンテンツにオーバーラップエリア(プロジェクターの画同士が重なる部分)の映像を含めて作成する必要があります。

▼M801 (1出力モデル) の場合 ※2台使用                  ▼M802(2出力モデル)の場合

▼M803(3出力モデル)の場合                      ▼M804(4出力モデル)の場合

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1入力N出力の接続例

接続構成パターン2(1入力N出力)

GeoBoxの入力映像の分割機能を使って、1つの入力ソースの映像を切り出してマルチスクリーンへ投写できます。この時、各チャンネルに同じ映像ソースを入力する必要があるため、別途映像分配器が必要です。但し、1系統のHDMI入力信号に限りHDMIループアウト端子と別チャンネルHDMI入力端子をHDMIケーブルで接続するだけで、マルチスクリーンへ投写できます。

このケースでは、本機でオーバーラップエリアを生成することが可能です。

▼M801 (1出力モデル) の場合 ※2台使用                 ▼M802(2出力モデル)の場合

▼M803(3出力モデル)の場合                  ▼M804(4出力モデル)の場合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


クワッドビュープロセッサーとの組み合わせ例

2面マルチプロジェクション(横置き 水平2台)

クワッドビュープロセッサーのMUX-SH500446とエッジブレンディングプロセッサー(GeoBox G800M800シリーズ)を組み合わせることで、多彩なレイアウトを活用したマルチスクリーン表示システムを実現できます。

MUX-SH500446は、最大4つの入力ソースを1画面に合成し、1台のディスプレイ上に表示するマルチビュー機能を搭載したシームレススイッチャーです。4K/60P(4:4:4)入出力対応し、プリセット登録した単画面や画面合成のレイアウトの切り替えは黒画面を挟むことなくシームレスに行えます。

<用途例のシステム条件>
・スクリーンサイズ:水平6m、垂直2m
・プロジェクター出力解像度:1920×1200(2台)
・ブレンディング幅:300ピクセル
・コンテンツの各解像度
   A:3840×1200
   B:1920×1200(表示例2の場合:1770×1106にスケーリング)
   C:1920×1200(表示例2の場合:1770×1106にスケーリング)
   D:1920×1080(表示例4の場合:2334×1200にスケーリング)

クリックで拡大

スクリーンサイズの比率に合わせて、MUX-SH500446のレイアウト編集にてソースを配置します。

MUX-SH500446から3840×2160出力する画像をGeoBox G802で3540×1200のエリアを切り出し2台のプロジェクターに出力します。

ブレンディングエリアを気にすることなく、表示例2~4のようなレイアウトを設定しシームレスに切り替えできるメリットがあります。

表示例4のように16:9のコンテンツでも比率を保ったまま縦横をスケーリングし、スクリーンのセンターポジションに投写することが可能です。


製品仕様

型番 M801 M802 M803 M804
入力端子 HDMI2.0b ※1 2 4 6 8
DisplayPort1.2a 1 2 3 4
VGA 1 2 3 4
電源ジャック 1 2 3 4
出力端子 HDMI1.4 ※2 1 2 3 4
ループアウト
HDMI2.0b ※3
1 2 3 4
制御端子 RS-232×1、3.5mm IR×1、RJ-45×1、USB-B x1
HDCP 入力:HDCP 1.4/2.2 (HDMI)、HDCP1.3 (Display Port)、出力:HDCP1.4
動作環境温度/保管環境温度 0~45℃/-20~60℃
動作環境湿度/保管環境湿度 10~90%(結露なきこと)
最大解像度 入力 4096×2160/60Hz, 7680×1200/30Hz(RGB 4:4:4)※4
出力 ※5 2048×1080/60Hz (15種類の表示解像度から選択可)
入出力 遅延 ※6 2フレーム(60Hzの場合、33.3ms)
電源アダプター最大消費電力 入力:AC100V~240V  出力:DC12V、3.33A  40W
本体最大消費電力 DC12V、0.7A

8.4W

DC12V、1.2A

14.4W

DC12V、1.8A

21.6W

DC12V、2.4A

28.8W

認証 CE、FCC、RoHS
外形寸法(mm)

幅 x 高さ x 奥(突起物含まず)

303x44x164 440x58x190
外形寸法(mm)

幅 x 高さ x 奥(突起物含む)

303x55x175 440x69x201
対応ラックマウントキット  G404300L0010(1U) G404802MS010 (2U)
重量 1.51kg 2.47kg 2.64kg 2.81kg

2020年10月現在

※1 全てのHDMIスイッチャーとの組み合わせを保証するものではありません。スイッチャーの入力ソースを切り替えたタイミングで、極稀に映像表示されないことがあります。

※2 HDMIやDisplayPort入力信号にエンベデッド(重畳)された音声は、HDMI出力端子ごとにエンベデッドされ出力します。

※3 HDMIループアウト端子は、HDMI端子に入力したソースをパススルー出力します。HDMIループアウト端子は、HDMI-1,3,5,7入力端子のみ連動します。

※4 7680×1200/30Hz出力可能な機器が必要です。カスタム解像度入力 設定ガイド(PDF)

※5 1920×1080/50Hz出力する場合は、入力も50Hz信号に設定してください。

※6 出力タイミングの詳細は、マルチプロジェクション構成補足ガイド(PDF)をご参照ください。


対応解像度

主な入力解像度 リフレッシュレート
4096×2160 24Hz/25Hz/30Hz/50Hz/60Hz
3840×2400 30Hz/60Hz
3840×2160 24Hz/25Hz/30Hz/50Hz/60Hz
1920x1080p 24Hz/25Hz/30Hz/50Hz/60Hz
1920x1080i 50Hz/60Hz
1280x720p 50Hz/60Hz
1920×1200、1600×1200、1400×1050、1360×768、1280×1024、1280×800、1280×768、1280×720、1024×768 60Hz

4096x2160pの入力自体可能ですが、本機では同解像度のEDID設定をすることができません。

出力解像度 リフレッシュレート
2048×1080 60Hz
1920×1200 30Hz/60Hz
1920x1080p 24Hz/30Hz/50Hz/60Hz
1360×768 60Hz
1280×1024 60Hz
1280×800 60Hz/120Hz
1280×720 60Hz/120Hz
1024×768 60Hz/120Hz

製品画像

フロントパネル 

電源オン/オフ スイッチ 電源をオフにすると、その時点の設定を記憶します。電源をオンにすると、電源をオフにした際に記憶した設定で表示します。
Out ボタン 出力解像度を選択します。
In ボタン 各種入力信号を選択します。
Profile ボタン Profile(プリセット)を呼び出します。
Info ボタン 入出力解像度、ファームウェアバージョンを確認できます。
IR リモコンの受光部
Menu/Exit ボタン OSD画面を表示・非表示
カーソルボタン 各種設定の選択や決定ボタン
Warp / ALL ボタン Warpボタンを押すとOSD>Anyplace>3×3,5×3,9×5,Wallを表示。
ALLボタンを押すとCH1~CH4の出力端子を全て選択します。
Patternボタン テストパターンを表示。
Selectボタン  CH1~CH4の出力端子を選択します。
Input/Output LED Input LEDは、入力された信号を検知したときに点灯します。Output LEDは出力端子に接続する表示機器との接続確立時に点灯します。

リアパネル

HDMI-1~4出力端子 表示機器と接続します。
HDMI LOOP OUT端子 ③のHDMI入力端子に入力したHDMI信号をパススルー出力します。1つの入力ソースを2画面以上のマルチ画面構成する場合などに使用します。
HDMI-1,3,5,7入力端子 HDMIソース機器を接続します。
HDMI-2,4,6,8入力端子 HDMIソース機器を接続します。②のHDMI LOOP OUT端子とは連動しません。
DP-1~4入力端子 DisplayPortソース機器を接続します。②のHDMI LOOP OUT端子とは連動しません。
VGA-1~4入力端子 VGAソース機器を接続します。②のHDMI LOOP OUT端子とは連動しません。
電源ジャック 付属のACアダプターを接続します。
IR Ext リモコン受信部を外部に延長します。
Ethernex端子 専用アプリケーションソフトGWarp3をインストールしたPCとネットワーク接続します。
USB端子 専用アプリケーションソフトGWarp3をインストールしたPCとUSB接続します。
RS-232端子 RS-232コマンドを入出力します。
Resetボタン 5秒間長押しすると設定情報を含め全て初期化します。